1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

fa-onimotsuさん

近年のバイクの技術力の進化が凄いことを知っていますか??
そんな進化したバイク達を紹介していきます!!

バイクの歴史

日本初のバイクは車で有名な「ホンダ」が製造しました。

元々は陸軍で使用していた無線用小型エンジンを改良し、自転車に取り付けたのが始まりです。

国内バイクメーカーの特徴

現在の、国内バイクメーカーはホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社のみです。
この4社の特徴を紹介していきたいと思います。

ホンダ

ホンダは、世界的にも超有名メーカーであり、国内バイクメーカー4社の中では売上高は第1位です。
主に生産しているバイクは、CB,CBR,カブシリーズなどが有名です。
車種の特徴としては、燃費・乗り心地・利便性・丈夫さなど、とにかくバランスが良い車種が多いのが特徴です。
実際にバランスが良いので、教習所の教習者や警察の白バイなどにも使用されています。

ヤマハ

ヤマハは、何でも作ってる(楽器・家・船・スポーツ用品etc)メーカーで、バイクのクオリティーも非常に高いメーカーです。
主に生産しているバイクは、R25,マジェスティ,などが有名です。
特徴としては、非常に整理された奇麗なデザインのものばかりで、洗練されたものが多いのが特徴です。

スズキ

スズキは、「安い上に品質も高くてデザインもそこそこ秀逸で、エンジン性能も他のメーカーの追随を許さない」のが特徴です。特筆したいのが奇抜なデザインのバイクを作ることです。
そのために、スズキのバイクを乗る人は、「スズ菌」と呼ばれスズキの魅力に囚われて虜になる人もいるほどの人気メーカーです。
主に生産しているバイクは、ハヤブサ,GSR,Vストームなどが有名です。

カワサキ

カワサキは、低排気量もの(125CC以下)が少なく、高排気量ものが中心です。
他のメーカーはスクーターやビクスクなどを出しているが、カワサキは生産していません。
カワサキが販売しているバイクは、MTバイクのみ販売しています。
なのでカワサキには、熱狂的なファンが多いメーカーです。
主に生産しているバイクは、ニンジャシリーズ,Dトラッカーシリーズなどが有名です。

最新のバイク

今までは、各バイクメーカーの特徴などを紹介していきました。
ここからは、最新のバイクを紹介していきたいと思います。

AI(人工知能)×バイク

川崎重工(カワサキ)がエンジンに人工知能を搭載したバイクの開発を進めています。
この人工知能搭載型のエンジンを「感情エンジン」と呼びます。
感情エンジンは、ライダーと対話できるバイクです。

バイクと対話することで、自動でサスペンションなどのマシーンセッティングの提案・赤信号に引っかかりにくい加減速の案内・ツーリング先の正確な天気情報などを教えてくれます。
このことで、バイクとの会話を楽しみながら快適なツーリングを楽しむことが出来ます。

自動運転×バイク

次に紹介するのは、ヤマハがヒト型自律ライディングロボットを開発を進めています。
その名は「MOTOBOT(モトボット)」です。
MOTOBOTは既にサーキット内の自律走行が可能な段階まで進んでいます。

倒れにくい×バイク

最後に紹介するのが、倒れにくいバイクです。
これはライダーなら、一度は体験したことのある「立ちゴケ」。
この立ちゴケが、しにくいバイクです。

1 2