1. まとめトップ

生の鶏肉は超危険?カンピロバクターとは?「ギランバレー症候群」がヤバすぎると話題に…

ギランバレー症候群とは?カンピロバクター食中毒で発症?症状・予防方法は?世界仰天ニュースで話題に。

更新日: 2017年10月20日

1 お気に入り 33855 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

game7lさん

ギランバレー症候群とは?カンピロバクターとは?世界仰天ニュースで話題に

手足に力が入らない、腱反射がなくなるという免疫に関わる神経疾患で大原麗子がかかった事で多くの人が知る事となった疾患。他にも安岡力也など多くの芸能人がこの病気と戦った。年間10万人に1人~2人の割合で発症する。

このギランバレー症候群のはっきりとした原因は不明だそうですが、この病気に先立って、サイトメガロウイルス等のウイルスやカンピロバクター等の細菌の感染が認められている報告があるそうです。

通常、人は菌やウイルスに感染すると抗体ができる。カンピロバクターの一部に末梢神経と同じ構造が存在する。すると本来は菌を攻撃するはずの抗体が間違って末梢神経を攻撃してしまう。これによりギラン・バレー症候群を発症してしまう。

カンピロバクター食中毒の症状とは?

症状については、下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔気、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感などであり、他の感染型細菌性食中毒と酷似します。多くの患者は1週間ほどで治癒します。死亡例や重篤例はまれですが、乳幼児・高齢者、その他抵抗力の弱い方では重症化する危険性もあり、注意が必要です。また、潜伏時間が一般に1~7日間とやや長いことが特徴です。また、カンピロバクターに感染した数週間後に、手足の麻痺や顔面神経麻痺、呼吸困難などを起こす「ギラン・バレー症候群」を発症する場合があることが指摘されています。

鶏肉全てが危ないわけではない。カンピロバクター食中毒の予防方法は?

伊藤武先生は鶏肉にどれぐらいカンピロバクターが付着しているのか調べた。5ヶ所で購入した鶏肉10パックで2種類の方法で菌を培養。4日後に現れた菌はカンピロバクターではなかったため鶏肉全てが危ないわけではない事が分かった。

カンピロバクター食中毒の予防方法は、(1)食肉を十分に加熱調理(中心部を75℃以上で1分間以上加熱)することが重要です。具体的には未加熱又は加熱不十分な鶏肉料理を避けることが最も効果的です。また、二次汚染防止のために、(2)食肉は他の食品と調理器具や容器を分けて処理や保存を行う、(3)食肉を取り扱った後は十分に手を洗ってから他の食品を取り扱う、(4)食肉に触れた調理器具等は使用後洗浄・殺菌を行うことが重要です。

食肉を食べていないのにカンピロバクターの食中毒になった事例も

ノルウェー・チュンセットに住むアンネシュ・ウィスクヴィークは食肉を食べていないのにカンピロバクターの食中毒になったという。彼以外にも60人以上が被害にあった。

大会関係者が調べると体とボトルについた泥からカンピロバクターが検出された。レース中、泥水が口に入ったり泥付きのボトルの水を飲んだ時に感染したと考えられる。ノルウェーで最も多い家畜・羊が原因だった。羊のフンにカンピロバクターがいた。大雨で羊のフンがコースに流れそれが混ざった泥が知らぬ間に選手の口に入っていた。

ネットの反応

食中毒なりたくないしギラン・バレー症候群引き起こしたくないしカンピロバクターを多く含むから加熱処理されてない鶏肉食べるのやめよう pic.twitter.com/zkifJHSsdr

1 2 3