1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

無線LAN「Wi-Fi」規格に欠陥‥各メーカーの対応をチェック

無線LANのセキュリティー問題が指摘され国内機関も注意呼び掛け…経緯や各メーカーの対応が気になります。

更新日: 2017年10月18日

47 お気に入り 61263 view
お気に入り追加

無線LAN規格に欠陥が見つかり脆弱性が指摘される

高速無線通信規格「Wi─Fi」のセキュリティーに広く用いられている認証プログラム「WPA2」に脆弱性があるとの見方を明らかに

欠陥が見つかったのは、無線を使ってパソコンなどをインターネットに接続する無線LANの一つで、「Wi-Fi」と呼ばれる規格です。

他のデバイスはWiFi接続を保護するためにWPA2暗号化を用いている。つまりきわめて多くのユーザーがこの問題の影響を受ける。

16日に詳細が公開されたこの脆弱性は、「KRACK」と呼ばれている。

この脆弱性の悪用に成功すると、攻撃者は Wi-Fiネットワーク上で送信されるデータを傍受し、盗み取れるようになる。

今回の問題の経緯や現状、わかっていることをまとめました。

この脆弱性が深刻な点は、ルータをはじめ、現在利用されているWi-Fi機能を搭載している多くのデバイスが影響を受ける点。

この脆弱性への対策は、Wi-Fiを利用している機器にパッチを適用すること。機器のパスワードを変更しても、攻撃を防ぐことはできない。

WPA2で暗号化されたWi-Fiで通信されたデータを復号して盗聴したり、特定の暗号化を利用した際に通信内容を改ざんすることが可能になるという。

通信内容を盗み見たり、不正なサイトに誘導したり、コンピューターウイルスに感染させたりすることができる可能性があるということです。

無線のセキュリティに脆弱性が見つかったのは大変なことだけど、「無線LANケーブル」とかいうワードがトレンドに入ってる方がもっとやばいでしょ

Twitterでは、無線に脆弱性があるなら有線(ケーブル)で接続すれば良いという趣旨から「無線LANケーブル」という架空の製品が拡散

無線LANケーブルの取扱は残念ながらございませんが… おすすめのLANケーブル(もしくは無線LANルーター)は当店4階での取扱です!(*`・ω・)ゞ pic.twitter.com/QshvCVBXGb

いずれにしても、各メーカーの対応が気になります。

セキュリティ更新では、「悪意あるソフトウェア削除ツール(MSRT)」がアップデートされた。

現在ベータ版の検証を進めており、今後、数週間以内に正式版を公開予定とのこと。

この問題を「認識しており、向う数週間中に影響を受けるすべての端末向けのパッチを提供する」と語った。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。