1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「イスラム国」の終焉か…シリア民主軍が北部ラッカを奪還を宣言

クルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」は17日、「イスラム国」が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカでの軍事作戦を終了し、完全に制圧した。

更新日: 2017年10月18日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 172188 view
お気に入り追加

○シリア北部ラッカを奪還したと宣言

過激派組織IS=イスラミックステートが「首都」と位置づけるシリア北部のラッカ

過激派組織「イスラム国(IS)」が首都と位置付け、中東都市部で最後の主要拠点となっていたシリア北部ラッカを奪還したと宣言した。

クルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」は17日、「イスラム国」が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカでの軍事作戦を終了し、完全に制圧した。

○「疑似国家」は事実上、崩壊

ISの戦闘員が最後まで抵抗を続けていたラッカ中心部にある病院とスタジアムを制圧し、「ISのテロリストからラッカを完全に解放した」と発表しました。

シリア、イラク両国で支配を広げた「国家」は、「首都」の陥落により、壊滅的な打撃を受けた。

○兵士たちが旗を振って制圧を祝う姿も

ISがかつて住民たちを処刑していた中心部の広場で、軍事車両に乗った兵士たちが旗を振って制圧を祝う姿が見られます。

現在は降伏していない外国人戦闘員の捜索や、ISが市内各所に敷き詰めた爆発物や地雷の除去作業を進めているという。

ISが標ぼうしてきた「国家」が事実上崩壊したことについて、隣国トルコに逃れているシリア難民からは喜びの声が聞かれました。

○ラッカは2014年に支配されていた

ラッカは14年にISの前身組織が占拠し、イスラム教の特異な解釈で恐怖支配が敷かれていた。

ISが2014年にラッカを「首都」に定め、実効支配してきたが約3年ぶりに解放された。ISは今年7月、重要拠点のイラク・モスルを失っている。

現地からの情報としており、市中心部で残存勢力の掃討が続いているという。

○ラッカでは多数の市民が犠牲に

18歳の若者は、「ラッカでは生きた心地がしませんでした。これで殺人も破壊もなくなるのでうれしい。日常の暮らしが戻ってきます」と喜んでいました。

監視団によると、民間人1130人を含む3250人が戦闘で犠牲になったと推計されている。

○このニュースはネットでも話題になっています

ラッカ制圧されたらしいけど余計に悲惨なテロが各地で起きてしまうのではないかという不安

お、ラッカ奪還できたのか。テロも落ち着けばよろしーね

今朝も例によってニュース探したのだが、さっき映像で #ラッカ の様子見て文字通り絶句した。 どこから手をつけていいのか分からないほど街が滅茶滅茶になっている…

1 2

関連まとめ





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。