1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ホルムズ海峡で日本のタンカーが攻撃された。
こういうの見ると、ベトナム戦争直前のトンキン湾事件を思い出す。
わしが小学生の頃の事件だったが、ベトナムの仕業にされていたのだが、実はアメリカの謀略だった。

集団的自衛権の行使要件を点検すると、
「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、(今回は他国どころか自国のタンカーが攻撃された)(今後、米国の船が攻撃されるか?)
これにより我が国の存立が脅かされ、(米国がイランを攻撃し、中東戦争に発展すると原油など燃料が入って来ない)
国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される(安倍首相と米国はグルと思われ、イランが日本にもテロ攻撃を行う)
明白な危険がある事態(日米同盟の破たんは日本の存立危機であり、明白な危険)」
と解釈される恐れがある。

法律の解釈なんか政権の都合で強引にやるから、日本は集団的自衛権を発動して、米空母に燃料を補給しつつ、中東戦争に参加というシナリオか?
すると護憲派が大好きな「平和憲法」下の戦争が行われることになるのが皮肉だな。

『ゴーマニズム宣言』で知られる漫画家の小林よしのりさん(64)。これまで保守派の論客として鳴らしてきたが、今回の選挙では立憲民主党、次いで共産党を支持するという。10月16日、「一に立憲民主党、二に共産党」というブログ記事で表明した。

同記事で小林さんは、「共産党は立憲民主党と選挙協力をして、自党の議席を減らすダメージを負いそうになっている。これは良くない。希望の党はもう見捨てよう」と呼び掛けている。

小林よしのり「希望の党はもう見捨てよう」 世論調査受け「一に立憲民主、二に共産」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-… @YahooNewsTopics

New post: 小林よしのりに続き亀井静香が辻元清美を激励!「初の女性総理になれる」 wp.me/p8M1GN-j8S

「小池、前原はハラを切れ!」小林よしのり「立憲民主党」応援演説 youtu.be/o4Twb63S1Ms @YouTubeさんから

小林よしのりが立憲の応援演説で絶叫「枝野氏こそが保守だ!」「安倍の暴走を止めろ!」「極右の希望の党に未来も希望もないわ!」 ift.tt/2gqXtBl

希望の党は衆院選で235人の公認候補を擁立。民進党の前職50人以上を含み、「台風の目」と目されたが、苦戦が浮彫りとなった。なお立憲民主党の公認候補者は78人。

 また時事通信は15日、都知事である小池氏のお膝元、東京23選挙区で「全敗する恐れすらある」と報じた。

 こうした結果を受け、小林よしのり氏は16日のブログで希望の党に「あきれた」と落胆。「公示前の57議席を減らしてしまうのは確実だ。立党した意義を失ってしまった」と嘆いた。

 一方で公示前勢力15議席の立憲民主党には「50議席はとってほしい」とエール。「実質的な野党第一党は立憲民主党になる」との見方を示し、

  「わしは以前、投票するなら、一に立憲民主党、二に希望の党と言ったが、考えが変わった。一に立憲民主党、二に共産党だ」

と表明した。

共産党の議席減は「良くない」
 さらに小林氏は「共産党は立憲民主党と選挙協力をして、自党の議席を減らすダメージを負いそうになっている。これは良くない」と案じ、

  「希望の党はもう見捨てよう」

と述べた。

 小林氏は翌日17日のブログでも「希望の党は壊滅する」と切り出し、「小池百合子が敗戦濃厚になると、街頭演説で森友・加計問題を追及する手法に変わってきた」とその選挙戦に疑問。改めて「投票コードは一に立憲民主党、二に共産党、これでいい」としている。

 小林氏は、枝野幸男氏が2日に立憲民主党を結党すると、3日のブログで「『立憲民主党』に期待する」と支持を表明。だが、希望の党に結党当初は期待を寄せていた。9月28日に「本気で安倍政権を倒したいなら、野党は『希望の党』で一本化するしかないだろう」、同日の別の投稿では「クールに言えば、『希望の党』が失敗したら、自民党に戻せばいいだけだ」と政権交代も見据えていた。

日本共産党の主張が新聞に載っていたが、賛成できる点は
大いにある。

「消費税10%はあきらめよ」と言い、「中小企業より低い
大企業の税負担をただす」、「タックスヘイブンによる富裕層・
大企業の課税逃れをただす」と言う。
確かにタックスヘイブンをただせば、消費税は必要なくなる。
富裕層・大企業優遇を続けるなら、消費税でしか社会保障は
維持できないだろう。
タックスヘイブンをただすというのは、他の政党は言ってない
ような気がする。

「オスプレイ1機分112億円で、保育所100か所できる」
軍事を軽く見てはならないが、保育所を作ることは、今や
国家の存亡にかかわるから賛成だ。

1