1. まとめトップ

【大人ニキビ】に効くと噂!「ニキビ肌解消デトックス」ってなに?

大人になったらニキビはできないと信じていたのに期待を裏切るかのようにできる大人ニキビ。しかも10代のときより治りが遅いからタチが悪いです。デトックスで根本解決を目指しましょう!

更新日: 2017年10月20日

friekingbadさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 7199 view
お気に入り追加

大人ニキビにみんな悩んでいる

大人になってもニキビってできるけど、学生のときよりしつこいし後に残りやすい。外側からケアするよりも、内側からのケアで、ニキビができないようにするほうが確実にいい。

やだこれもしかしなくても大人ニキビ…???大人になっちゃった…???

大人ニキビ酷すぎて皮膚科ずーっと通ってるけど一向に良くならぬ…もう通うの嫌になって来た

大人になって出来るニキビって嫌だな〜 治りにくいし

ニキビに悪影響の毒素はどんなものがあるの?

ニキビができる原因に深く関係しているのは、毒素です。
一言で毒素といってもその種類はさまざま。
どんなものがあるのでしょうか?

①ストレス

ストレスは肌の大敵。
実はニキビに深い関係があるのです。

ストレスを感じて精神状態が安定しないときは、つい食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、たばこの本数が増えたり、夜更かしをしたり、生活が乱れがちになります。

カロリーの高いものは、ストレスを抑える助けをしてくれると考えられているようです。好きなものを食べることによってストレスは抑えられても、いつもそんなものばかり食べていたら、栄養が偏り、ビタミンなども不足してしまいます。

ビタミンなどが不足することにより、ニキビができやすくなってしまうこともあるのです。

②睡眠不足

睡眠不足はお肌の乱れを引き起こします。

副交感神経は体が休まっている時に働き心身をリラックスさせる効果があります。

逆に起きている時は交感神経の方が働き、心身共に緊張した状態でリラックスできていません。

この2つの神経のバランスが重要なのですが、睡眠不足で交感神経の方が働き過ぎると、男性ホルモンの分泌が活発になります。

ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されてしまい、肌バリア機能が破綻し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。

③便秘

辛い便秘もニキビに関係しているのです。
さまざまな問題を引き起こす便秘は女性の敵!

慢性的な便秘に悩んでいる方は、肌のくすみや肌荒れ、吹き出物、ニキビなどの肌トラブルを抱えていることが多く、肌トラブルに直接対策を打ってもなかなか改善が見られない場合もあります。

便秘というのは、老廃物を必要以上に腸内に留まらせている状態だといえます。腸内に残された便は腐敗が進み、やがて有害物質を発生するようになります。

蓄積された有毒物は、腸壁を通り抜け、血中に溶け込んだ毒素が全身を循環するようになります。比較的初期段階の毛穴詰まりを血中の毒素が刺激し、ニキビができます。腸内環境がニキビ肌に大きく影響しているのです。

糖質の排出は食物繊維、脂の排出はビタミン&ミネラル

ニキビの原因になる糖質や資質は、食物繊維やミネラルで排出を手助けしましょう!

糖質を排出するのは便であり、これは腸内で食物繊維が働いてくれることで促進されるといわれています。
糖質が摂取されたときに食物繊維があると、胃で食物繊維が糖質を吸着してくれます。
特に水溶性食物繊維は糖質を吸着する働きを持っており、糖質の過剰な吸収を抑えるといわれています。

ミネラルはビタミンと力を合わせて「補酵素」というアシスト役をします。ミネラルが不足すると代謝が滞り、体内の機能を十分に発揮できない状態になります。

睡眠不足解消

睡眠不足を解消してお肌の調子を取り戻す!
効果的な睡眠方法はこちら。

入眠から3〜4時間、もっとも肌のケアが活発な時間帯にどれだけ深く眠れるか。それがニキビ予防の根幹であるといっても過言ではありません。

最低6時間は睡眠時間を取った方がニキビやお肌に良いとの事です。

部屋は真っ暗にして無音にする
自分に合った高さのまくらを使用する
寝る3時間前までに食事は済ます
寝る直前に携帯電話やパソコンの画面を見ない
ストレッチや入浴などで体温を上げておく

便秘解消

1 2





friekingbadさん