1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ちょっと郵便局に、コンビニに。カタチが素敵な『手提げバッグ』6選

これぐらいのサイズが普段使いにちょうどいい大きさ。使い勝手が良く出番も多いです♪

更新日: 2017年10月19日

jetwskyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 78408 view
お気に入り追加

■『mina perhonen ミナ ペルホネン』■

◎エッグバッグ◎

1995年、デザイナー皆川 明によりファッションブランド「ミナ(2003年よりミナ ペルホネン)」が設立される。社会への考察や自然への詩情から図案を描き、織りやプリント、刺繍などのテキスタイルをオリジナルにデザインしている。

できるだけ素材を無駄にしないミナペルホネンのものづくりの姿勢が表れたエッグバッグ。

生命を守り、育んでいくという有機的なたまごの役割は、これからも作り続けられていくこのバッグと重なるようです。

◎トリバッグ◎

鳥がそのままバッグになった人気アイテム 2000年に発表されて以来「ミナペルホネン」で定番として作り続けられているトリ バッグ。

装いのアクセントにはもちろんのこと、ユニークなアイデアに溢れたディティールは、眺めているだけで楽しい気持ちになります。

ミナペルホネンのtori bagを今日、見てしまいました・・・。スーパーかわいくて、思わず持って帰りたくなってしまいます
なんて可愛いバッグなのでしょうか。。

■『胡桃かご』■

薄色の表皮と濃色の裏皮を混ぜたクルミならではの編み目柄。数十年使える程の丈夫な作りの暮らしの道具。

少しずつ色つやが変化していく様子もまた楽しみです。

■『カブヤバッグ』■

カブヤとは、現地の言葉で、サイザル麻=リュウゼツランの葉の繊維のこと。やせた土地にも育つ生命力の強い植物です。

1 2





日頃のちょっと気になったこと、目についたオモシロイ事をまとめています。読んでくれた方がほっこり、そして後味がいいと思って貰えればうれしいです。