1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

櫻井翔主演ドラマでも安定の“悪役”「高嶋政伸」の怪演が話題になっている

嵐の櫻井翔が校長役を演じている新ドラマ「先に生まれただけの僕」。櫻井がスペックの高い校長役を熱演しているが、一方で話題となったのが櫻井の会社の専務役・高嶋政伸の怪演。若い頃の好青年イメージから悪役路線に転換した高嶋。「先僕」含め、連ドラ悪役(敵役)3連投。その演技にますます磨きがかかっている。

更新日: 2017年11月18日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 25530 view
お気に入り追加

◆視聴率二桁スタートだった櫻井翔主演の新ドラマ

先に生まれただけの僕 第1話(10/14)予告編30秒版配信中 出演 櫻井翔(嵐),蒼井優,多部未華子,森川葵,木南晴夏,風間杜夫,瀬戸康史,高嶋政伸,井川遥 他 bb-navi.com/cm-douga/arash… pic.twitter.com/AAIzEJnoFE

アイドルグループ嵐のメンバー、櫻井翔(35)の主演ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)の第一話が、10月14日に放送された。

「先に生まれただけの僕」は、民間企業が経営し「不採算部門」とされた私立高校を舞台に、ひょんなことから商社マンから校長になることを命ぜられた主人公が学校改革を目指す姿を描く社会派学園ドラマ。

初回平均視聴率は10.1%とまずまずの発進となったが、これまでの学園ドラマとは一味違い、リアリティーのある教育現場の問題と学校経営というビジネス視点が加わったストーリーが新鮮だった。

◆“知性派”櫻井だからこそのスペックの高い校長役を熱演

嵐の中でのポジションは、インテリ系と言える櫻井。同ドラマでの櫻井の役柄も、同じくインテリ系なことから、同ドラマの視聴者からはハマり役だという評価もあり。

異端な校長先生を演じた櫻井だが、奨学金制度について、まだハッキリと理解できない生徒に対し、奨学金は借金だと熱演した。

優しい声音と説得力のある口調は、まるでガン保険の説明をしてくれているかのよう。キャスターとしての信頼も厚い彼だから、演じられる役柄といえましょう。

◆そんな櫻井の“敵役”ともいえる役を演じたのが「高嶋政伸」

印象に残ったのが、樫松物産専務・加賀屋圭介役を演じる高嶋の怪演だ。突然加賀屋に呼び出された鳴海は、加賀屋が鳴海を京明館高校へ飛ばした張本人であり、鳴海が気に食わないからだと告げられる。

加賀屋は再び不敵な笑みをたたえた“怒り笑い顔”で、「あーそーだー。問題起こしたら、責任取るのはお前だぞ、おわかりですね? 校長セーンセー」と変なイントネーションで言い放つ。

◆ネットでも高嶋の怪演は話題に

先に生まれただけの僕 わりと面白かったし、高嶋政伸はこういう役めっちゃ似合うw

先に生まれただけの僕みてる 高嶋政伸は何ていうか近年名優というか怪優って感じ すごい

先に生まれただけの僕見てるけど高嶋政伸の名脇役感ほんと好きで……………あの人ホントすごい………

イジメ役やると高嶋政伸の右に出る者はいない 先僕は櫻井くんのドMっぷりを楽しむドラマ とは公式の感想にはとても書けない

高嶋さん演じる加賀谷専務は期待を裏切らない(笑) これからどうやって、どこまで鳴海校長を追いつめていくのか・・・。 #先に生まれただけの僕 #先僕

◆元々は芸能一家のサラブレッドとして好青年イメージだった高嶋

高嶋政宏と政伸、二人はいわゆる二世俳優だ。父親は東宝の銀幕スターで、映画番組『ゴールデン洋画劇場』の解説者としても知られていた高嶋忠夫、母親はタカラジェンヌだった寿美花代。

かつて兄の高嶋政宏とともに“高嶋兄弟”として活躍し、イケメンで男っぽい兄とは違って、性格の良い弟キャラで人気を博した。

代表作と言えばもちろん、「姉さん、事件です」で始まるドラマ『HOTEL』(TBS系/1990~2002年)。また『ダブル・キッチン』(同系/1993年)での、嫁(山口智子)と姑(野際陽子)の板挟みに悩む夫・よきパパ役、『こちら本池上署』(同系/2002~2005年)の正義感溢れる警官など、いずれにしろ“いい人”役が多かった。

◆泥沼離婚騒動を経て、“悪役”路線に舵を切った

『DOCTORS~最強の名医~』(2011-2015)

「現在の悪役のイメージを視聴者に印象づけたのは、2011年のドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)でのブチ切れ演技でしょう。」(テレビ誌編集者)

この時期の高嶋は、2007年に結婚した美元とのドロ沼離婚騒動の真っただ中(2012年11月に離婚成立)。

1 2