1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

衆院選の投票に繰り上げ短縮の動きも‥台風21号の進路に注意

台風21号が日本列島に近づき、今週末にかけて悪天候が予想され様々な影響が懸念されます。衆院選の投票時間短縮の動きや期日前投票を呼びかける声も上がっています。

更新日: 2017年10月20日

7 お気に入り 143023 view
お気に入り追加

台風21号の接近が早くなり週明けには日本列島に上陸する恐れ

これまでの予想より、台風21号が本州に近づくタイミングが早くなりました。

予想進路の中心を通った場合、週明けに本州へ上陸する可能性があり、交通機関などへ大きな影響を及ぼす恐れがあります。

気象庁は21日以降、大雨や暴風、高波に警戒し早めの対策をとるよう呼びかけています。

フィリピンの東の海上を1時間に15キロの速さで北へ

大型で強い台風21号は午前9時にはフィリピンの東の海上を1時間に15キロの速さで北へ進んでいます。

中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

23日の月曜日ごろにかけて西日本から東日本に

台風の近づく沖縄地方では、21日にかけて大荒れとなり、最大瞬間風速は45メートル、波の高さは13メートルに達する見込み。

衆議院総選挙の行われる日曜日には西日本の南海上に北上し、沖縄や九州、四国などで次第に大荒れとなりそうです。

沖縄に接近した後、22日から23日に西・東日本に接近して上陸する恐れがある。

ちなみに今回の台風の呼び名は「ラン(嵐)」

「ラン」は米国が用意した名前で、「嵐」の意味です。

台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

日本が提案した名称も多数あり、例えば「テンビン」(5番目)、「ヤギ」(19番目)、「カジキ」(47番目)、「クジラ」(75番目)、「コンパス」(103番目)など。すべて星座の名前に由来している。

今後の進路や注意事項や警戒情報も

この台風、海面水温が高い海域を北上してきますので、あまり衰えずに本州、四国、九州に近づいてくるおそれがあります。

気象庁は暴風や大雨、高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

ちなみに、衆議院選挙の投票の影響は

台風から暖かく湿った空気が流れ込みます。それにより前線が活発化し、週末の衆院選投開票日は各地で大雨になる恐れがあります。

台風21号が日本列島に近づき、今週末にかけて悪天候が予想されることから、衆院選の投票日を繰り上げるなどの動きが出ている。

沖縄、鹿児島、大分、兵庫、徳島、香川、三重県の離島で、1〜2日の投票日繰り上げや、投票時間の短縮が決まった。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。