筒井康隆の小説『時をかける少女』の続編として脚本家の石山透が創作した『続・時をかける少女』の舞台版。高校生になった芳山和子の前に深町一夫こと未来人ケン・ソゴルが現れ、彼に関する記憶を失ったはずの和子が、再びケン・ソゴルと時を超え、彼に恋をする。

出典『続・時をかける少女』初舞台化、主演は上白石萌歌 上田誠が脚本・演出 - 舞台・演劇ニュース : CINRA.NET

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

幻の「時かけ」…人気作品の新作登場に歓喜の声!

「時をかける少女」に続編があった!?まさかの舞台化が話題に!!他にも「ベルサイユのばら」,「中華一番!」,そして「MAJOR」の新作の動きにネットで大反響が巻き起こっています!気になる情報をまとめてみました。

このまとめを見る