1. まとめトップ

近年種類の大増したおいしそう過ぎる牛丼の数々

庶民の味方で安価で早く食べられる牛丼に、一緒に合わせる具材などで、近年多様な牛丼が登場しています。

更新日: 2018年11月12日

1 お気に入り 725 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

手軽に食べられ大好きです。

moepapaさん

牛丼(ぎゅうどん)とは

牛丼(ぎゅうどん)とは、薄く切った牛肉(切り落とし、小間切れなど)とタマネギなどを醤油などで甘辛く煮込み、丼に盛った飯の上に載せた料理である。
牛丼は牛鍋を丼飯にかけた料理が原型で、当時は「牛めし」と呼ばれ、明治時代に誕生した。「牛丼」の名称は、吉野家を1899年(明治32年)に創業した松田栄吉が名付けたとされている。すき焼き丼も同類とされる。

すき焼きの名残から、しらたき、焼き豆腐、ネギなどを入れる店舗もあるが、大手の牛丼チェーンでは牛肉やタマネギのみが乗せられる場合が多い。また、食べる者の好みに応じ、紅しょうが、七味唐辛子、生卵などが付け合わせとして使用されることもある。

牛丼は醤油ベースで調味されることが多いが、神戸らんぷ亭が2010年1月25日に発売した日本初の「塩牛丼」は味付けに塩ダレを使用している。また、神戸らんぷ亭は、「味噌牛丼」も期間限定で提供し、醤油・塩・味噌の「牛丼3兄弟戦略」を2010年に展開した。このほか、牛肉を焼く調理法を採用したメニューでも牛丼の範囲として扱う場合があり、その際は「焼き牛丼」と呼ばれる。

47都道府県すべてに展開している企業は吉野家とすき家のみである。2000年代の一時期では、こういった状況やエリアごとの店舗分布や売り上げから考慮して、吉野家とすき家の「2強」時代と見る向きもあった。しかし2000年代後半以降に発生した価格競争に松屋も度々参戦したことから、すき家・吉野家・松屋の3社が「3強」「御三家」といった主要チェーンとして認識されている。

2010年代初旬では、低価格居酒屋チェーンの「居酒屋270」シリーズを展開した三光マーケティングフーズが2011年6月に牛丼市場に参入し、「焼き牛丼」を看板メニューとした「東京チカラめし」が新たな勢力として存在感を見せたが、一過性のブームに終わり、2014年には直営店の8割を手放している。

様々なアレンジ牛丼

王道は生卵乗せですが、他にも牛肉は様々な具材と相性がよいため、多くのアレンジ牛丼メニューが登場しています。

こんなトッピングの山にすることも。

評判

1 2