1. まとめトップ

No.1は年収【お金】がほしい。悩み多き仕事を変わりたい!転職選びはコレ!

20代そして29歳の転職。30代で考える転職。40代で考える転職。仕事をしなければ収入を得ることは出来ないのです。生活を維持するためにできる限り、ストレスのない楽しく仕事をしながら過ごしたいものですね。転職によって前向きに考えて行きましょう。

更新日: 2017年11月09日

newzmapさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 1883 view
お気に入り追加

転職を考える時・・まずはお金が必要です!

大手企業の年収!

どのくらいの収入をもらいたいか
三菱商事
入社5年目以内、20代の方でも1000万円を超えることがあり、若くして高い年収を実現することができる企業です。反面、1000万円を超える社員の多くは業務多忙であり、残業代がかなり多く含まれています。成長意欲が高い若い世代の人たちが、自己管理に気を付けて体調を崩すことなく仕事を続けられるかが、三菱商事で長く仕事を続けるためのポイントと言えるでしょう。

ドンキホーテホールディングスの平均年収を見てみましょう。会社で公表している有価証券報告書から確認することができます。
平成28年6月30日現在の平均年間給与は660万円となっています。平均年齢は36.6歳ですので、小売業でこの年齢では比較的良い年収ではないでしょうか

味の素の平均年収を見てみましょう。会社で公表している有価証券報告書から確認することができます。
2017年3月31日現在の平均年間給与を見ると952万円です。過去15年程度を見てみても最高水準となっています。2000年代前半では800万円台前半となっており、順調に上昇を続けてきており、ここ10年で100万円も上昇しています。

近鉄エクスプレスは1948年に近畿日本鉄道が国際貨物、旅客の取り扱いを始めたことから端を発し、その後会社として独立を果たします。2003年には東証一部上場をし、現在も多様化・高度化している国際物流ビジネスの中で、さらなる上質のサービスを提供するべく成長を続けています。
平均年収は735万円とされています。これは、業界の中でトップ3にも入る年収です。こちらのサイトで物流業界の平均年収は450万程度という記事もありますが、そこと比較してもかなり高い年収が期待できることがわかります。

仕事を始めたからこんなことを思った!

20代での転職は自由度が高い!未経験業界へのチャレンジや将来のために経験を積む転職など色々あります

満足度を取るのか、給料を取るのか、はたまた待遇を取るのか…仕事に対する考え方は人それぞれです。もし今働いている職場が自分には合っていないと思ったら『転職』を視野に入れていかなくてはなりません。

特に20代の、社会人になったばかりで、初めての職場から転職を考えるときは何をどうしていいのか分からない部分も。本当に転職するべきなのか、新しい業種に飛び込むのか、働きやすさと給料のどちらを優先させるべきなのか…などなど思うところをたくさんありますよね。

転職するときに考える基準!

非正規雇用からの脱出!正社員を目指して。
共働きが当たり前の現代では古い考え方かもしれませんが、一家の家計を支えていくことを考えれば特に男性は、正社員にいち早くなるのが収入アップに直結することが大切では。

●経験を積むための転職!
資格が取れる。資格が有効に利用出来る仕事に就けば,給料も自然と上がる。よい職場で活躍出来る仕事を探す。

転職のスペシャリスト

たくさんあるナビゲートシステム!
◆マイナビエージェント
◆リクルートエージェント
◆パソナキャリア
◆DODAエージェントサービス
◆Spring転職エージェント

20代のうちに転職を考える!

29歳 自分の中で決めていた新しい仕事をしてみたい!やってみたいことをやれるチャンスを30代からスタートしたい。
そう思うことよくありませんか?
就職して、3年、9年と積み上げてきた実績。実力をさらに試したこともありませんか?

即戦力としても、若手としても扱われる・・確かにそう思う!

29歳の時点では、社会人としての年数にも開きがあり、即戦力となる人、土台が出来ていて今後の成長が見込める人のようにいろいろなタイプの人がいるわけです。受け入れる企業としてもそれはどちらの募集もあるということです。

30代に転職を考える!

30代になると「いよいよラストチャンス」と思い、転職活動に踏み切る方も増えてくるかと思います。これ以上の年齢になってくると、相応のキャリアやスキルがなければ高待遇の転職を実現するのは難しいですし、そもそも募集先が極端に減ってきます。
また同じ30代でも前半と後半で扱いが大きく変わってくるのも事実。もしも転職を考えているのなら、これからの働き方のビジョン、そして次の転職先で最後にするのか、など色々と考えなくてはならないことも増えてくるでしょう。

若いだけでは受け入れされない

若いだけではなくなってきます。
受け入れを考える職場も(雇用先)30代とのなると実力がどうであるのか?
なぜ転職を考えるのか、前の仕事はどうだったのか?と気になることでしょう。

総務相統計局の『労働力調査(2017年8月29日公表)』の中にある『第18表 年齢階級,雇用形態別役員を除く雇用者数』

求められること
●30代前半に求められるもの
 中でも特に重要視されているのは「明確なキャリアビジョンを持っているか」ではないでしょうか。つまり何を求めて転職をするのかが重要視される傾向にあります。

●30代後半に求められるもの
 全体的に幅広く見ると、30代後半になればある程度のマネジメントスキルを身に付けているのが当たり前、という風潮があるのも事実。そのため協調性やコミュニケーションなどヒューマンスキルを重要視する企業が多いのも覚えておいた方が良いでしょう

1 2





newzmapさん