台風21号が通勤ラッシュに直撃の恐れ

超大型で非常に強い台風21号は日本の南の海上を北上し、23日には関東に直撃する恐れが。気象庁は、土砂災害や川の氾濫、浸水に最大級の警戒を呼びかけています。

更新日: 2017年10月22日

9 お気に入り 238498 view
お気に入り追加

大型で非常に強い台風21号が北上中

22日深夜から23日明け方にかけて、紀伊半島から房総半島にかけての本州南岸へ上陸する可能性がある

直径は2050キロで、北海道から九州まですっぽりと入り込む大きさとなっています

実に20年ぶりの巨大な台風に発達している。

23日(月)は本州直撃の恐れが出ています。このため23日(月)は、東京、名古屋、大阪周辺の通勤にも大きく影響する恐れがあります

しかも、立ってられないほどの暴風に

風速25m以上の暴風域は、大人でもしっかりと掴まっていないと立っていられないくらいの風で、転倒したり、飛来物によって負傷する恐れもあります

今夜以降は台風本体の雨雲がかかってくるため、西日本と東日本の太平洋側を中心に局地的には1時間に100ミリの猛烈な雨の降る恐れがある

※猛烈な雨とは、水しぶきであたり一面が真っ白になり、視界が悪くなるほどの雨。

沿岸部エリアは浸水にも注意

台風が接近する沿岸部のエリアでは、雨や風に加えて、高潮被害に警戒が必要です。東京湾周辺では、台風21号の最接近と満潮時刻が重なり、浸水に警戒が必要

高潮で潮位が高くなっている時に高波が加わることで、普段は来ないようなところにまで波が押し寄せることもあります

気象庁は引き続き、警戒を呼びかけ

気象庁は、土砂災害や川の増水、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています

【台風情報】本日10時から台風第21号に係る関係省庁災害警戒会議(第2回)を開催しました。冒頭、小此木防災担当大臣は、今後、日本各地の広い範囲で大雨や暴風、高波などに厳重な警戒が必要であり、国民の皆様には ①物の固定や避難経路の確認など事前の備えを行っていただくこと <続く>

<続き> ②不要不急の外出を控え、水路・海岸等には絶対に近づかないこと ③市町村の避難情報等に注意し、積極的に自らの身を守る行動や早めの安全確保をしていただくこと などを呼びかけました。 ※台風への備えを動画で紹介… twitter.com/i/web/status/9…

気象情報

土砂災害情報

1 2

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。