1. まとめトップ

【ブログ・スピーチのお供に】印象的な台詞(セリフ)の作り方

これは広告やブログなどの読むための文章、スピーチや歌詞などの声に出すための文章に使うと効果的な言葉の作り方を紹介しています。「たくさんの人に読んでもらいたい」「少しでも多くの人に聞いてほしい」そんなものを作りたい方におすすめのまとめです。

更新日: 2019年05月12日

1 お気に入り 672 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RichardGongさん

広告、ブログ、読書感想文、詩、記事、執筆

発表、スピーチ、歌詞、動画、演説、放送

これらのことでお悩みですか?

「はい」と答えた方: このまとめでは、たくさんの人を惹きつけるための言葉の作り方を紹介しています。

1. 作り方

印象的な台詞を作る際、主語・述語・目的語など文を構成する要素の並べ方に着目しましょう。そうすると、以下の4種類が効果的だとわかります。
①頭に主述を置く型
②頭に述語を置く型
③末尾に主述を置く型
④末尾に主語のみを置く型

① 頭に主述を置く型

例;
このリンゴは赤い、火のように。
私は行く、その場所に。
彼女は理解した、彼が犯人だと。

② 頭に述語を置く型

例;
赤い、このリンゴは火のように。
行く、私はその場所に。
理解した、彼女は、彼が犯人だと。

③ 末尾に主述を置く型

例;
火のように、このリンゴは赤い。
その場所に、私は行く。
彼が犯人だと、彼女は理解した。

④ 末尾に主語を置く型

例;
火のように赤い、このリンゴは。
その場所に行く、私は。
彼が犯人だと理解した、彼女は。

2. 文章の中に挿入する方法

Ⅰ. 黙読するための文章の場合

印象的な台詞を作ったら、その台詞の前後を1、2行空けましょう。段落自体をあなたが作成した台詞に割り当てるというイメージです。

対象の文章: 広告、ブログ、作文、詩、記事、本

Ⅱ. 声に出して読むための文章の場合

読み上げる際は、台詞の前後で約1、2秒もしくはそれより長い間隔を空けましょう。できるだけ多くの人の意識をあなたが作った台詞に集めることに注力しましょう。

対象の文章: 発表、スピーチ、歌詞、動画、演説、放送

1