1. まとめトップ

精神的なダメージが大きい!!薄毛がメンタルに及ぼす影響&ケア

世の中には薄毛が原因でメンタルをやられてしまう方も多いと言われています。ストレスの影響が深刻化する現代社会で薄毛になった場合、どうメンタルを維持していけばいいのでしょうか?そこで、今回は薄毛がメンタルに及ぼす影響とメンタルケアについてまとめてみました。

更新日: 2017年10月23日

5 お気に入り 1429 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ennmxdcssさん

薄毛による精神的なダメージが大きい!!

薄毛は第一印象を大きく左右します。初対面の相手が薄毛だと、どうしても頭を見てしまいます。
そういったこともあり、薄毛の人は見た目の印象によって精神的な負担を感じているようです。

例えば、営業の仕事をしていたとしましょう。それまで順調だった成績が下がってきたとき「俺がハゲているのが顧客に不快な思いをさせたのか?」などと不安になる。

婚約を解消された、友人からの誘いが激減した…といった人間関係上のトラブルを、自分の髪の毛のせいと思い込んでしまうこともあります。

精神的なダメージが薄毛に拍車をかける!!

薄毛を気にするあまりストレスが増え、抜け毛や頭皮の血行不良などの頭皮環境の悪化につながるのです。

ストレスによって抜け毛は増えやすくなります。これは、ストレスが、交感神経や胃腸、ホルモンのバランスに影響を与えてしまうために起こります。

日ごろから常にストレスを受け続けると、頭皮の血行不良がずっと続くことになり、抜け毛の量が増えることにつながるのです。

交感神経が活発になると頭皮が血行不良に

不安が増大し、交感神経ばかりが活発になると、血行不良やホルモンバランスの乱れ、睡眠障害などを引き起こします。これらの症状は頭皮の栄養不足を招き、髪の毛の成長を阻害。何もせずその状態を放置すれば、髪の毛はどんどんやせ細ってしまうでしょう。

どうすればいいのか?

一番は開き直ること。難しいとは思いますが、薄毛であることを隠さずに開き直ることで、精神的なストレスから解放されるケースも多いようです。

コンプレックスだと思わずに個性だと受け止める。髪なんていう概念はこの世に存在しないと言い聞かせる。どういったことでも構いません。気にしないということがとても大事なのです。

薄毛を治療しながらもメンタルケアを考えているなら、病院での治療。費用はかかりますが、専門家の元なので、安心できると言えます。

まず、AGA専門医に相談しましょう。AGA専門医は、その人の症状に応じた治療のアドバイスを与えてくれます。薄毛になっても治る可能性があるケースもあります。それが分かれば不安が軽減し、気持ちも明るくなるでしょう。

ファッションアイテムとしてウィッグですが、薄毛を隠すにも効果的です。
ウィッグを使用すると見た目だけでなく、精神的な負担も軽減されることができます。

薬や治療の副作用が怖い人や周りの目が気になる人にはこれ以上にない存在だと思います。

大阪大学大学院で行われたAGA患者対象の調査によると、やる気や見た目の自信、プライドの回復など、ウィッグの装着により、さまざまな心理面で大きくプラスに作用したことが分かりました。

研究結果が出ている

いかがでしたか?

薄毛に悩んでいるときのストレス、メンタルケアについてご紹介しました。もしも薄毛で悩んでいる方は参考にしてください。

1