1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

もうじき上陸かも…豪で「殺人インフルエンザ」が猛威を振るってた

日本にも上陸秒読みと呼ばれている殺人ウイルスが南半球で猛威を振るっています。

更新日: 2017年10月23日

34 お気に入り 125230 view
お気に入り追加

■南半球で「殺人インフルエンザ」が猛威を振るっている

日本とは季節が真逆の南半球、特にオーストラリアでインフルエンザが大流行している。

オーストラリアでインフルエンザが猛威をふるったことを受け、これから冬を迎える米国でも同型のウイルスが広まるのではないかと懸念が高まっている。

政府の統計によると、8月18日の時点で確認された症例は、前年同期のほぼ2.5倍の9万3711人に上った。

インフルエンザ A型 (H3N2)」と呼ばれる亜種が流行しています。

政府の統計によれば、9月29日の段階で19万5312人の罹患者、417人の死亡者が確認されている。

前年同時期のオーストラリアでのインフルエンザによる死亡者は65人。今年はその6倍を超える死者が出ている異常事態なのだ。

現在、国内で蔓延しているインフルエンザは、「インフルエンザ A型 (H3N2)」と呼ばれる亜種で、特に高齢者施設のように体力の弱っている人々が集まっており、外来の見舞客や職員がウイルスを持ち込んでくる可能性があるところで蔓延している。

ニューサウスウェールズ州衛生局によれば、今年のワクチンに含まれる4種類のウイルス株は、流行しているウイルスとうまく合致していると思われる。

しかしH3N2株に対するワクチンは、うまく合致していながら感染予防の有効性が低いことが分かっているという。

オーストラリアでも5~9歳、80歳以上の高齢者に特に感染者が多かったと公表されている。

特に高齢者施設のように体力の弱っている人々が集まっており、外来の見舞客や職員がウイルスを持ち込んでくる可能性があるところで蔓延

■同時にインフルエンザB型も流行しているという

B型というのは、比較的熱が高くなりにくく、関節痛などの症状も出にくいことが特徴です。そのため、最初はインフルエンザと気づかない人も多い

■対策はやはりワクチン接種

予想外に流行しているB型に対してはワクチン接種は効果がありますし、A型に対しても全く効果がなかったわけでもありません。感染しない、感染を拡大しないためにはワクチン接種が予防法の第一選択であることにかわりはありません。

■このようにワクチンが唯一有効な方法といっても、そのワクチンが足らなくなるかも…

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします