1. まとめトップ

これはすごい!友達にも試してみて!「1」はいくつある??生年月日で性格分析!誕生日占い

西暦、月、日の中にある数字の数で性格を分析します。メモやペンがあると便利です。

更新日: 2017年12月27日

11 お気に入り 20040 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MinimiQさん

西暦、月、日の中にある数字の数で性格を分析します。

メモやペンがあると便利です。



例を使って説明します。

例えばあなたが1996年2月4日生まれだとして、その中に数字の1は1つ、2は1つ、4は1つ、6は1つ、9は2つありますね。


どの数字がいくつあるのかを後述する【数字】項目でご確認ください。その数字がない場合の診断もありますので【数字1】から【数字9】まで全てご覧ください。

もう一度説明しますね(ノ´∀`*)

もし、あなたが2002年3月20日生まれだとします。1〜9まで全ての数字があるわけではありませんね。


◆数字の1→なし(後述する【数字1】の欄の〈1つもない〉のところを読む)

◆数字の2→3つある(後述する【数字2】の欄の〈2が3つ〉のところを読む)

◆数字の3→1つある(後述する【数字3】の欄の〈3が1つ〉のところを読む)

◆数字の4〜9→この数字は生年月日に関わっていないが各項目の〈1つもない〉という項目を見て下さい。


こんな感じです。

それでは診断を始めましょう!

【数字1】

〈1が1個〉
文章やスピーチなど人前で自分を表現するのがうまい。プライベートでは感情を表に出さない。自立心が強くしっかりしている。やや早口。


〈1が2個〉  
どんな時でも自分自身を表現する能力にたけている。バランスの取れた方法で状況のコントロールができる。エンターテイメントの世界での仕事に向いている。

〈1が3個以上〉
何かに夢中になると食べ過ぎたり全然食べなかったりと食事の仕方が無頓着。うまく休息を取れれば素晴らしい業績が残せる。

〈1が1つもない〉
これに当てはまるのは1999年12月31日より後に生まれた人だけ。「1」がない人は自立心と決断心を養う必要がある。

【数字2】

〈2が1個〉
洞察力が鋭く、他人を正確に評価することができる。感情も繊細。競争の場に身を置くのが苦手。

〈2が2個〉
勘はさらに鋭いのに自分の直感に無頓着。悪い人間に憧れてしまう。自分が敏感な人間だということを意識しておくと良い。

〈2が3個以上〉
音楽的な才能を持つ。情緒的で他人の目を気にする。傷つきやすい心を守ろうとするあまり、本質とは裏腹に冷淡になったり自分勝手になったりする。

〈2が1つもない〉
直感と感受性が信用されないこともある。協調性を前向きに示すことで他人から理解される。

【数字3】

〈3が1個〉
創造的で頭の回転が速い。友人が助けを必要としているときに手を貸してあげられる人。熱意とウィットに富んだ人。

〈3が2個〉
自制心を働かせなくてはならないほど創造力が強く、転じて実利面を嫌うこともある。夢見がちで本筋に外れた生き方が誤解される可能性がある。

〈3が3個以上〉
あなたは関心がないかもしれないが、運動やスポーツが有益。精神や想像力に強烈な個性があり。夢ばかりみて現実に目を向けない。

〈3が1つもない〉
想像力をもっと働かせるとよい。また創造力もなかなか発揮できない。

【数字4】

〈4が1個〉
きちんとしていて仕事を最後までやり遂げる。粘り強く、忠誠心も強い。頼りがいがある。手先が器用。

〈4が2個〉
几帳面で整然としている。長時間働くことをいとわない。物質主義が行き過ぎる傾向。手先がかなり器用。

〈4が3個以上〉
4が3個以上ある人は働き過ぎてストレスを溜めやすい傾向にある。休息を取ることを忘れてはならない。型にはまりがちでそこからなかなか抜け出せない。

〈4が1つもない〉
ありふれた退屈な暮らしを嫌う。細部に拘らない性格が失敗を引き起こす。仕事を途中で放棄したり転職を繰り返す人も多い。

【数字5】

〈5が1個〉
「5」という数字は力強さと決断力で人を動かすことのできる数字。自由を求め束縛を嫌うので家庭生活はパートナーの我慢によって成り立つ。

〈5が2個〉
「5」が1つの人よりさらに自由を追い求め、家庭に波風を立てる。セルフコントロールと決断力がますます強くなり、自意識過剰が問題を起こすこともある。

〈5が3個以上〉
生年月日に「5」が数多く含まれている人はあえて冒険をしたがるタイプ。実際にうまく気に抜けられる。官能的だが自分では意識していない。生き急ぐタイプ。

〈5が1つもない〉
決断力に欠け、自分から何かをすることができない。動機を外部に求め、進むべき方向がはっきりわからない。訪れるチャンスがあっても、それをどう生かしたらいいかわからない。支えてくれるパートナー次第。

【数字6】

1 2