1. まとめトップ
  2. レシピ

Twitter発!紅茶をよりおいしく淹れる方法が目からウロコ

みんなのおいしい紅茶の淹れ方…参考になります!

更新日: 2017年11月02日

stoneflowerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
334 お気に入り 237227 view
お気に入り追加

▼秋の夜長に優雅なティータイム…なんて素敵じゃない?

ショップ並の美味しい紅茶が自分で淹れられたら、それはそれはティータイムも楽しくなるのでは…なんて思ったことはありませんか?

□みんなも丁寧においしく淹れてるよ!参考にしてみてね!

・紅茶は軟水がおいしい!水道水を沸騰させて。

紅茶を淹れる時はぜひ軟水で。 渋みがしっかりと、はっきりと味わうことができます。

紅茶を淹れるときは空気を含んだ軟水がおすすめ!こういうと難しく聞こえるけど、ようは日本の水道水を沸騰させればいいんだよー

紅茶は硬水より軟水でいれたほうが美味しいんだ。 ニホンの水道水は軟水だから、温めたミネラルウォーターより沸騰させたばかりの水道水を使うべきだよ^^

・ティーポットやカップはあらかじめ温めておこう。

最近冷えるから紅茶飲むときは余分に沸かしたお湯で ポットやカップを温めてから注ぐ方がいいっすよ

紅茶は日本茶と違ってお湯は熱々。ティーポットもティーカップも事前にお湯を入れておいて温めてから使うと

やっぱり雨の日は紅茶が飲みたくなる。ポットとカップを温めて、いつもより丁寧にいれたアールグレイは、憂鬱な気分をちょっとだけ晴らしてくれる。

・茶葉は多すぎず、少なすぎず適量を入れること。

細かい茶葉は中盛、大きい茶葉は大盛にするのが目安です。

紅茶を美味しく淹れるには茶葉の量が重要! 茶葉の形状や大きさにもよるけど、だいたいカップ1杯(150ml)につき2.5~3gを目安に茶葉を使うと美味しく淹れられるよー

・しっかりとフタをして、使用茶葉に合った時間を蒸らします。

蒸らす時間は、細かい茶葉は2分半~3分、大きい茶葉は3~4分が目安です。(ミルクティーのときは、やや長めに)その間ポットにティーコジーやティーマットを使うとさらに保温効果が上がります。おいしい紅茶をいれるには、温度を下げないことがポイント。

1 2





stoneflowerさん