1. まとめトップ

抜け毛が多い人は注意!?抜け毛に潜む病気と育毛対策まとめ

30代から40代以降、抜け毛が多くなったという人は少なくありません。抜け毛は単に髪の毛が抜けているというだけでなく、脱毛症などの病気の可能性があります。油断せずに対処していくことが肝心です。

更新日: 2017年10月26日

1 お気に入り 2268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gadgetersさん

最近抜け毛が増えた...。

最近抜け毛酷いからハゲるんじゃないか心配になる

最近いよいよ頭皮がキてるのか、抜け毛が酷い。シャンプー後、手についた大量の毛髪を見てはショックで「ヘァアッ!?」ってリサンドラみたいな声上げてる

最近抜け毛が増えたきがする...。
そんな人は意外に多くいます。ただの抜け毛と放っておくとどんどん進行していってしまう可能性があるので油断禁物です。

基礎知識①髪の毛が生え変わる周期

髪は永遠に伸び続けるのではなく、一定の期間を経ると自然に抜け落ち、抜け落ちたところからまた新しい髪が生えてくる、ということをくり返しています。1本の毛髪が成長しはじめてから抜け落ちるまでの周期を「ヘアサイクル」といい、平均して4~6年の期間があります。

基礎知識②1日に抜ける髪の毛の数

ヘアサイクルから計算すると、1日あたり50~100本程度の髪が抜けることになります。成長した髪がこの程度の本数抜けるのは自然な生理現象で、抜け毛を心配する必要はありません。

基礎知識③抜け毛が増える季節

・秋
多くのデータで、一番抜け毛が多いと言われています。夏に浴びた強い紫外線のせいもありますが、これは人間も動物であるという証だとも言われます。動物の体毛は季節に合わせて生え変わることで、その季節に合わせて体温調節などをしています。衣類による体温調節が普通となっている人もこの名残が毛髪に現れます。

抜け毛に潜む病気

男性型脱毛症

いわゆる薄毛の多くはこの男性型脱毛症。
男性ホルモンの影響によって20代-40代頃から発症することが多く、毛髪が産毛化することによって髪の毛全体がうくなります。
加齢やホルモンバランスの乱れなどによって起こることが多いとされています。

円形脱毛症

いわゆる10円ハゲなどがこれにあたり、丸い脱毛部分ができてしまう症状です。
円形脱毛症は様々な説が提唱されており、免疫機能の異常によって髪の毛が抜けてしまうと言われています。
疲労や感染症などの肉体的・精神的なストレスが原因になると考えられています。

脂漏性脱毛症

頭皮の脂が過剰に分泌されることによって起こる脱毛症。
フケが増加してしまうことで毛穴が塞がってしまったり、細菌が繁殖して炎症をおこしたりして髪の毛が抜けてしまいます。
フケやかゆみがひどい場合はこの脂漏性脱毛症の可能性があります。

効果的な抜け毛対策

①食生活の改善

食べ物はバランスよく摂るのが健康に良いといわれますが、髪に関しても同じことがいえます。
動物性食品ばかりを多く摂ったり、刺激の強い加工食品ばかりを多く摂るといった、 明らかにバランスが偏っている食生活は、健康を害し頭皮にまで影響を及ぼします。

タンパク質
亜鉛
ヨウ素
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンE
これらが不足すると毛髪の生成に支障をきたす可能性があります。

②禁煙

嗜好品はストレス解消になり、精神面での抜け毛予防に有効ともいえますが、喫煙については避けた方が賢明です。煙草にはニコチンとタールという化学物質が含まれています。
ニコチン・タールの摂取で体温低下が起こりますが、同時に血管の収縮がみられます。
体内の酸素は血液によって運ばれます。ニコチン・タールが原因で酸素が毛母細胞に運ぶことが出来ず、髪の発育の妨げになったりします。

③睡眠を改善する

効果的な抜け毛対策をおこなうには、睡眠をしっかりとる事も欠かせないポイントです。
22時~2時までの間に、髪の状態は整えられますので、その時間の前後はしっかり睡眠をとりましょう。

④効果のある育毛剤を使用する

有効成分や値段などは、時間をかけて調べればわかりますが、「本当に効果があるのか」ってなかなか調べるのが大変です。なぜなら育毛剤は使ったらすぐに髪の毛が生えてくるようなものではなく半年から1年以上継続して使用することによって効果が現れてくるからです。

1 2