1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

近未来過ぎる車も… 早くも「東京モーターショー2017」が熱い

10月27日から11月5日まで東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開催されますが、プレスデーはすでにスタートしています。自分は近未来的な車をみるのをいつも楽しみにしています。

更新日: 2017年10月26日

28 お気に入り 101000 view
お気に入り追加

・東京モーターショー2017が開幕する

10月27日から11月5日まで、第45回東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開催

このテーマは、開催年ごとにクルマの価値や楽しさを拡張しながら、業界の垣根を越えて世界最先端のナレッジが集まり、新たなイノベーションやビジネスを生出せるようなイベントを目指すという思いが込められています。

・一般公開に先立ち報道関係者向けのプレスデーがスタート

乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具、自動車関連サービスを含む総合ショーとして、世界10カ国から150社・団体の出展者が東京ビッグサイトに集結

一般公開に先立ち10月25日、報道関係者向けのプレスデーがスタートした。

乗用車メーカーは、国産ブランドが、トヨタ、ダイハツ、レクサス、日産、三菱、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ。

・トヨタは「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを拡大

トヨタによれば、Concept-愛iシリーズは、人を理解する「Learn」技術をベースに、自動運転技術による「安全・安心」(Protect)と、エージェント技術によって移動の楽しさを充実させる「新しいFun to Drive」(Inspire)を提供するという。

例えば、表情や声色、位置情報、さらにはSNS発信までも手掛かりにしてドライバーを理解し、多少遠回りになってもドライバーにとってより楽しいと思われるルートを提案する。

ルロワ副社長は、「トヨタの価値を実現する上で鍵となる技術の1つに、AIがある。これにより、クルマは私たちの“パートナー”になる」と話す。

自動運転車については「2020年に高速道路で、20年代前半には一般道向けのシステムを投入する」とした。

・ダイハツブースではミゼットの進化版が登場した

出展のテーマを「Light you up」に掲げるダイハツ工業は、今回の東京モーターショーで5台のコンセプトカーを日本初公開

その5台とは『DNコンパーノ』『DNマルチシックス』『DNトレック』『DNプロカーゴ』『DNユースペース』

DNプロカーゴは?

1957年に発売した「ミゼット」の使い勝手の良さと高い拡張性を継承し、軽自動車が持つ便利さを徹底的に追求した商用EV モデル。

・レクサスの展示車はスタイリッシュ過ぎる

LS+ Conceptは、「レクサスデザインの新たな可能性と、近い将来の実現を目指す最新の自動運転技術を兼ね備えたコンセプトカー」

次世代を見据えたというデザインのポイントを「先進的かつ威厳のある造形」「大胆さと緻密さの相反する要素を調和」

目玉は2020年の実装を目指すという、コネクテッド技術を駆使した自動車専用道路での自動運転機能。

「人を中心とした先進技術によって、クルマがドライバーの状態を把握し、サポートすることで、より安心で心地よく運転できるクルマを実現する。そういうわれわれのビジョン、将来性を指し示すモデルがLS+なのです」(澤プレジデント)

・日産は「IMx」に注目したい

1 2 3





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew