1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

190以上の国々で公開&新映像3種公開…映画「鋼の錬金術師」が楽しみ!

実写映画「鋼の錬金術師」が190カ国以上で公開されることが明らかに。あわせて3種の特別映像がYouTubeで解禁された。

更新日: 2017年10月26日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 20295 view
お気に入り追加

○12月1日に公開する「鋼の錬金術師」

荒川弘氏の人気漫画を「ピンポン」の曽利文彦監督によるメガホンで実写映画化する「鋼の錬金術師」

荒川弘原作による実写映画「鋼の錬金術師」の本ポスタービジュアルが、公式サイトにて公開された。

○人気コミックが原作の作品

「鋼の錬金術師」は2001年から2010年にかけて、月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載された作品。

幼い頃に母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険を描く本作。

幼き日に最愛の母親を亡くした国家錬金術師のエドワードと、その弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描く。

○映画『鋼の錬金術師』が190か国超で公開へ

実写映画『鋼の錬金術師』が190以上の国々で公開されることが決定。あわせて新たなキャラクター映像が公開された。

第30回東京国際映画祭ではオープニング作品として上映され、11月にアメリカ・ニューヨークで行われる「Anime NYC 2017」ではクロージング作品に選出された本作。

○最新映像が公開

主人公エド(山田)とアル兄弟を中心としたものに加え、“焔(ほのお)の錬金術師”たちからなる「最強の軍部メンバー」と、主人公たちに立ちはだかる闇の勢力「ホムンクルス(人造人間)たち」となる。

今回公開された映像は、エド&アル&ウィンリィ編、ホムンクルスチーム編、軍部チーム編の3種。

それぞれを中心に描く3パターンの映像では、各々の視点から本作の世界観を楽しむことができる。

○キャラ総登場の新映像3種公開

エド&アル&ウィンリィ編では、山田涼介(Hey! Say! JUMP)演じるエドと鎧の身体をしたアルが争うシーンや、本田翼演じるウィンリィが涙を流す姿などが確認できる。

マスタング大佐(ディーン・フジオカ)、狙撃手ホークアイ(蓮佛美沙子)、マスタング大佐の親友ヒューズ(佐藤隆太)、合成獣(キメラ)の権威タッカー(大泉洋)といったキャラクターがずらりと登場。

「あなたはもう用なし」「もう生かしてはおけないわよ」「いつまでレディを見下ろしてる気かしら」と狂気をちらつかせ、邪魔者を徹底的に排除するラストの恐るべき戦闘力が垣間見られる内容となる。

○このニュースはネットでも話題になっています

ハガレン190カ国でやるんか!! 「190カ国で山田涼介!!」 っていう見出しのインパクト大きいな

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。