1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

秘密基地気分!寒い季節は『室内テント』で乗り切ろう!

Twitterで話題の『室内テント』についてまとめてみました。新しい防寒対策。

更新日: 2017年11月04日

Kappa街さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
213 お気に入り 117843 view
お気に入り追加

▼究極のプライベート空間『室内テント』

部屋の中にテントを張る『室内テント』という文化をご存知でしょうか?

通常であればテントは外で使うアウトドアグッズとして認識されていますが、『室内用のテント』も存在しているのです。

そして世の中には室内にテントを張って生活するという方々が多数いらっしゃいます。

キャンプで海や山に行くとテントを張って宿泊しますが、普段から家の中にテントを張って過ごす、という選択肢があるのをご存知でしょうか。

インテリア用のテントもたくさん発売されていますし、使い方によってはとってもおしゃれな空間が出来上がります。

今年もやって来たよ。 室内テントの時期が。 なかをフワモコクッションと座布団いっぱい入れて。 これで暖かい仕事部屋。 完全に寝…寝ないぞ…。 pic.twitter.com/Waj59jsDNB

室内テントいいなぁー 小さい頃かけ布団に布を巻いてた筒を骨組みにテント作ってた私にはうってつけでは…?

RT>この室内テントやりたくてやりたくて震える… こういう基地みたいなのあこがれだったんだよ~~!

▼室内テントの"ここ"がスゴい!

ベッドや布団をテントで覆うことによって、外気を遮断し布団の温かさを逃がさずに閉じ込めることが出来ます。

このアイデアは布で四方を囲んで保温性を高める天蓋付きベッドから得られたものです。

冬場に気になる暖房代の節約にもなります。

ベッドの上にも設置できる暖房のテントは外風を遮断してぬくもりが漏れるのを防いでくれます。

このテントのおかげですきま風が防げ90になる母親が大変喜んでいます。

息子5時半におきて室内テントにテンションMax。だけどチャック開けて明かりつけて出ようとしたらウワーン!と泣いた。なにが嫌だったのかな?それにしてもテントあったかいです。暖房いらない。

室内テント良いな。冬場は窓の断熱対策しても部屋は冷えるし暖房も直で当たるからずっと使うには辛いんだよね。テント内の空間だけ快適にするのは簡単そうだから試してみるか。

室内テント、暖房やエアコンでの空気の乾燥が苦手な人でも冬を快適に乗り越えられそうなポテンシャルを感じる。

外界からの接触を一切受け付けないので、簡単気軽にパーソナルスペースを確保することができます。

狭くて暗いスペースが好きな方には特大の落ち着きをもたらすと共に、テント内で作業をすれば作業効率アップも見込まれます。

パーソナルスペースとは、他人が近くに居ると何となく落ち着かなくなったり、他人が遠くに居ることによって安心感を得たりする「自分自身が持っている個人の空間」の事。

パーソナルスペースを応用することで自身の精神的な安定を保つことができると考えられます。

室内テントいいなあ。おしゃれで過ごしやすい狭い空間って最高よね。

室内テントめ~っちゃ憧れが……ある……いいなぁ……狭いとこ好きだから……実は狭いとこが好きだけど妻に言い出せず広い家を買った竹野内豊くらい狭いとこが好きだから……

室内テント派って結構いるよね、、ボクはそもそもそうだったし、。 暖房効率なんかもいいんだよね。そして、押入れのが好きなドラえもん族(ドラえもんが押入れが本当に好きだったかは不明)には心地よい。 でも狭い所に入る人はマザコンが多い。

子ども部屋代わりにもなり、楽しい秘密基地気分で元気な子どもも上機嫌。

リビングなどに簡単にパーソナル・キッズスペースを作ることができるので来客時の目隠しにもなります。

子どもが小さいうちなら、狭い家に子ども部屋を確保できなくてもなんとかなります。
自分だけの空間を簡単にリビングなどに作ってあげられるのです。

パパやママにとっても、とっさの来客など、急いでなにかを隠したいとき、たとえばたたむ前の洗濯物を、一時的に他人の目から隠す際などに便利。

1 2





Kappa街さん

よろしくお願いします。