1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【東京ドラマアウォード】新垣結衣は主演女優賞!『逃げ恥』がグランプリ

「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトにした「東京ドラマアウォード2017」が発表。連ドラ部門のグランプリには「逃げるが恥だが役に立つ」が選ばれ、新垣結衣が主演女優賞など5部門を制覇。主演&助演男優賞には「真田丸」の堺雅人&草刈正雄、脚本賞には「やすらぎの郷」の倉本聰が決まった。

更新日: 2017年11月11日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 14780 view
お気に入り追加

◆「東京ドラマアウォード」で『逃げ恥』がグランプリ

新垣結衣と星野源

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で“逃げ恥”ブームを生み出した新垣結衣と星野源が26日、「東京ドラマアウォード2017」の授賞式に出席。

16年10月期に放送されたTBS「逃げるは恥だが役に立つ」が、連続ドラマ部門のグランプリを受賞した。

◆『逃げ恥』は昨年、社会現象を起こした

グランプリを受賞した『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみの同名マンガが原作。

「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣さん)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源さん)と契約結婚して、“訳ありの新妻”として生活を始めるというラブコメディー。

エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせ、新垣らキャストが披露する通称・恋ダンスは社会現象にもなり、視聴率は初回から右肩上がり。最終回には自己最高を更新する20.8を記録。

【東京ドラマアウォードとは?】

「東京ドラマアウォード」は、市場性や商業性にスポットを当て「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、優れたテレビドラマを表彰する賞。

今回は昨年7月から今年6月までに放送されたドラマの中から、日本映画テレビプロデューサー協会および、新聞、テレビ誌各社のドラマ担当、テレビ各局のプロデューサーによって選考された。

◆新垣結衣が主演女優賞など『逃げ恥』が5部門を制覇

本日授賞式が行われた東京ドラマアウォード2017にて、星野源が「恋」で主題歌賞を受賞しました!また、昨年出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が作品賞としてグランプリを獲得!五冠の快挙です! #星野源の恋 #逃げ恥 pic.twitter.com/0AI7vjD6DT

新垣結衣(29)が26日、「東京ドラマアウォード2017」で、TBS系「逃げるは恥だが役に立つ」(16年10月~12月)での主演女優賞を受賞。

同ドラマでは、新垣さんが個人賞の主演女優賞、ドラマにも出演した星野源さんの主題歌「恋」が主題歌賞、ドラマの演出を務めた金子文紀さんが演出賞を受賞するなど、5冠となった。

◆新垣らは喜びを語った

新垣は「ただただ、楽しく撮影していた。作品のおかげでいただいた賞です」と喜び、星野は「藤井隆さんと古田新太さんのアドリブが、本当に面白かった」と懐かしんだ。

演じたみくりに関して「新しい考え方を教えてもらった。心の底で思っていたようなことを言わせてもらうこともあって、共感するところがたくさんあった」と述懐した。

MCの石坂浩二が「肩がすごくいい。アップで映っている時に肩が死んでいる人が多い。肩がすごく生きている」と称賛。それを聞いて新垣は「本当ですか? 初めて言われました…」と照れ笑いを浮かべていた。

◆主演&助演男優賞は『真田丸』親子が受賞

堺雅人(左)と草刈正雄(右)

2人は昨年大ヒットしたNHKの大河ドラマ「真田丸」で親子役を務め、主人公・真田信繁役の堺さんは主演男優賞、父・真田昌幸役の草刈さんは助演男優賞を、それぞれ受賞した。

堺=堺雅人、草刈=草刈正雄

『あなたのことはそれほど』(TBS系)の演技で助演女優賞を受賞した仲は「知らない引き出しをこの役で見つけることができた」と新境地を見出したことを明かし。

仲=仲里依紗

脚本家の倉本聰さんが26日、優れたテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2017」の授賞式に出席。昼帯ドラマ「やすらぎの郷(さと)」(テレビ朝日系)で脚本賞を受賞した。

1 2





記憶の中で生きてゆける