1. まとめトップ

【2017-2018年】プロ野球12球団FA選手速報(増井浩俊→オリックスFA移籍追加)FA予想

今年もこの季節がやってきましたね。誰がFA宣言するのか楽しみですね。随時更新していきますのでぜひお気に入り登録よろしくお願いします

更新日: 2017年11月30日

2 お気に入り 15311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

11/15 FA宣言した選手を公表しました。

<国内FA権>
西武・野上亮磨
日本ハム・増井浩俊
阪神・大和(前田大和)

<海外FA権>
ソフトバンク・鶴岡慎也
オリックス・平野佳寿
日本ハム・大野奨太
ロッテ・涌井秀章

FA予想

<国内FA権>
西武・野上亮磨→読売ジャイアンツ(確定)
日本ハム・増井浩俊→オリックス(確定)
阪神・大和(前田大和)→DeNA(確定)

<海外FA権>
ソフトバンク・鶴岡慎也→日本ハム(確定)
オリックス・平野佳寿→メジャー
日本ハム・大野奨太→中日ドラゴンズが興味
ロッテ・涌井秀章→メジャー

オリックス・長村裕之球団本部長は30日、日本ハムからFA宣言した増井浩俊投手の獲得を発表した。背番号17。
オリックスでは4年契約で年俸については3年9億円を基本に4年目は変動制を採用した。これは本人の「1年でも長くプレーしたい」という意向を汲んだもの。

阪神から国内FA権を行使した大和内野手(30)がDeNAへの移籍を決断したことが29日、分かった。

現役続行を希望し、他球団移籍を目指してソフトバンクからフリーエージェント(FA)宣言した鶴岡慎也捕手(36)の日本ハム復帰が濃厚となった。

29日、日本ハムから鶴岡に連絡が入ったことが分かった。「今日、日本ハムさんから連絡をいただきました。FAでの選手獲得をしない球団なので、(連絡に)びっくりしています」

西武から国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明していた野上亮磨投手(30)が、巨人への移籍を決断したことが27日、分かった

2017年度フリーエージェント有資格選手

※=新規取得
#=反復取得
+=開幕特例日数およびオールスター特例日数加算による取得
*=故障者特例日数加算による取得

パ・リーグ各チームの 2017年度フリーエージェント有資格選手

北海道日本ハムファイターズ

国内FA有資格者
※  中田 翔
※  増井浩俊
海外FA有資格者
武田 久
   宮西尚生
   矢野謙次
※  大野奨太

確定

増井浩俊 52試合 防御率2.39 27S 年俸22000万 Aランク
大野奨太 83試合 打率.221 年俸5100万 Bランク 中日が興味

国内フリーエージェント(FA)権を行使した日本ハム・増井浩俊投手(33)のオリックス移籍が決定的となっていることが28日、分かった。オリックスが3年総額9億円以上の好条件を提示し、宣言残留を認めていた日本ハム、巨人との争奪戦を制したもよう。近日中に正式発表される

日本ハム・増井浩俊投手(33)が14日、札幌市内の球団事務所で会見を開き、今季取得した国内フリーエージェント権の行使を表明した

日本ハムの大野奨太捕手が9日、札幌市内の球団事務所で記者会見を行い、今季途中に取得した海外フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。

ポスティングシステム
大谷翔平 投手 5試合 3勝2敗 防御率3.20 野手65試合 8HR 31打点 打率.332 年俸27000万→メジャー

日本ハム・大谷翔平投手(23)が7日、米大リーグ挑戦を表明した。千葉・鎌ケ谷市の2軍施設での練習後に代理人がCAAスポーツのネズ・バレロ氏が就任することを認め、「(代理人は)自分が向こう(米大リーグ)に行くために、必ず必要なものなので、このタイミングで決めた」と明かした

残留

残留
中田翔 128試合 .216 16HR 67打点 年俸28000万
宮西尚生
矢野謙次

海外フリーエージェント(FA)権を保有している日本ハムの宮西尚生投手(32)が8日、札幌市内の球団事務所で記者会見し、FA権を行使せずに残留することが決まった

日本ハム・中田翔内野手(28)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留する可能性が4日、浮上した。昨季は打点王に輝き日本一に貢献したが、今季は4月に右足内転筋の筋挫傷で抹消されるなど、打率2割1分6厘、16本塁打、67打点と本来の数字を残せなかった。

1 2 3 4