1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

facialさん

歌手を目指す人への応援サイトです。
日本人は”恥ずかしさ”を持ち合わせている方が大勢います。それは自分の能力に蓋を閉めていることなんです。人の可能性無限大です。”できない”という人は本当にできません。先ずは自分に”できる!”と言い、自分の可能性信じて歌に言霊を乗せましょう!

1 何社かオーディションに受けてみる
2 自分にあった歌を探す
3 歌前にルーティンを作る
4 喉の環境を整える
5 自分を信じる

1 何社かオーディションを受けてみる

これは非常に重要なことです。プロの歌手でもアマチュア時代オーディションに落ちたは話しはよく聞きます。
これは自分にも当てはまると思ってください。あなた本当に歌手でご飯を食べていくことを考えるんでしたら、これはあなたの通過点です。自分はダイヤの原石だと思って突き進んでください!

★デビューしやすい歌手オーディション例:
歌手オーディション新人大募集
http://sing-audition.com


★歌手オーディションランキング:
http://ku-ti-komi.com/audition/singer_index

2 自分にあった歌を探す

自分に合う曲を選ぶことが重要です。自分の出しやすい音域の音を用いた歌を選びましょう。また、歌う時は、誰かのマネをして癖の強い歌い方をするのではなく、自分の良さが出せる歌い方をするのがポイントです

これは自分を客観視する力が必要です。人にどう見られているのか、人にどう伝わるか。プロはこれを常に考えています。自分に合った歌を探す。これは、あなたのパフォーマンスを有益にするものです。
オーディションへの第一歩は”自分の歌を探す”ことです。

3 歌う前にルーティンを作る

きまりきった手続きや手順、動作など。

出典https://kotobank.jp/word/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3-9875

ルーティンはスポーツ選手がとても大事にしていることです。練習時から同じ動作とることにより、本番で練習時と同じ精神状態を作ろうする。
これは人前に出る歌手に非常に有効な手段です。自分のパフォーマンスを高める為に、ぜひ自分でルーティンを作ってみましょう。

4 喉の環境を整える

歌手にとって非常に大切なことです。喉は資本です。これからプロになる”あなた”は喉にどれだけ気を遣っていますか?
もう一度見直してみましょう!

5 自分を信じる

面接審査まで進むことができれば、自分のどこが良いのか、悪いのか、プロの意見やアドバイスを聞く事だってできるのです。
 
自分の実力を、自分で勝手に判断してはいけません。
本当に客観的な意見は、やはり他人からしか得ることができないのです。

挫折をするのは当たり前です。どんな歌手でも挫折を感じてきているはずです。挫折を感じていることは新たに自分に降りかかった試練で、新たなに自分に備わるアイテムです。その試練を乗り越えたら確実に以前の自分よりも成長しています。
大切なことは、どんな自分になりたか。これを明確にすべきです。
こんな自分になりたいと、描けているならその挫折は越えられるます。なぜなら、人はそうなるように努力するからです。自分を信じましょう!

まとめ

夢は大きくあるべきです。夢は叶えるべきです。
人生は行動です。行動した分だけ人生は変わり、行動した分だけ描いた夢に近付きます。
”行動”その言葉を胸に秘め、あなたの描いた将来へ向かって行動してみてください。

1