1876年、ヘイズはアメリカ史上最も議論を呼んだ選挙の結果大統領に就任した。彼は民主党候補、サミュエル・ティルデンに一般投票では敗れたものの、選挙委員会が資格に疑問の余地があった選挙人票20票全てをヘイズのものとし、ヘイズは選挙人選挙を185対184で制し、僅差で大統領の座を得た。結果は1877年の妥協となり、民主党はヘイズの選挙を黙認し、ヘイズは南部の軍事占領の終わりを受け入れた。

出典ラザフォード・ヘイズ - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴代アメリカ大統領まとめ その2

歴代アメリカ大統領を紹介していくとともに、その人物にまつわるお話をまとめています。豆知識も盛り込んでいるので、大統領の意外な一面が分かるかも…?今回は第十一代~第二十代大統領までをご紹介!

このまとめを見る