1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

台風22号日曜に本州付近へ‥ハロウィンの影響を心配する声

台風22号が沖縄本島付近を北上中、気象庁は今後の台風の情報に注意するよう呼びかけています。

更新日: 2017年10月28日

9 お気に入り 25481 view
お気に入り追加

台風22号北上し首都圏への最接近は日曜日の夜に

ところによって非常に強い風が吹き、断続的に激しい雨が降っています。

台風21号で大きな被害が出た場所などでは、「2週連続の大雨」に警戒して下さい。

那覇市の北東80キロ北へ進んでいます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル

沖縄・那覇では1時間に34mmという激しい雨を観測。降り始めからの雨量は100mmを超えています。

29日正午までの24時間雨量は、多い所で九州南部200ミリ、沖縄・四国・近畿150ミリ、九州北部・東海120ミリ。

日曜日の夜には首都圏がピークに

29日明け方にかけて沖縄・奄美を通過する見込みで、台風の通過に伴って猛烈な風が吹き、海上は大しけとなるおそれがあります。

今後の注意事項や警戒情報

四国と近畿、東海、伊豆諸島の沿岸で6メートルの大しけが予想されています。

紀伊半島南部では、少しの雨でも土砂災害の発生の恐れがあります。崖など崩れやすいところには絶対に近付かないで下さい。

東京でも月曜日の午後にかけて冷たい北西の風が強まるため、木枯らし1号となるかもしれません。

台風22号の影響でインフラや運休報告も

空の便では沖縄を発着する日本航空と全日空便あわせておよそ220便が欠航となり、3万2000人あまりに影響が出ています。

沖縄電力によると、午前10時現在、うるま市の1310戸を含む県内22市町村で計3300戸が停電している。

ハロウィンの天気も気になります。

もう既に仮装の準備もされている方もいらっしゃることでしょう。今年のハロウィンの天気はどうなるのでしょうか。

30日(月)以降は、再び進路を北よりに変える見込みです。日本からは離れて北上すると見られます

今年のハロウィンは、台風の最新情報を常にチェックの上、イベントに参加される方は雨具はもちろん、昨年と同じく寒さ対策も万全にして楽しんでください。

この台風に関するニュースはネットでも話題に

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。