1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ファンタジー超大作からラブコメまで!12月公開の「おすすめ映画」5選

12月公開の日本映画も多彩なラインナップ。世界190か国で公開「鋼の錬金術師」、大泉洋の大人気シリーズ「探偵はBARにいる3」、「ALWAYS 三丁目の夕日」チームが再結集「DESTINY 鎌倉ものがたり」、桐谷美玲のラブコメディ「リベンジgirl」、庵野秀明が制作統括「龍の歯医者」の5作品。

更新日: 2017年11月18日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 33271 view
お気に入り追加

世界190か国で公開されるファンタジー・エンターテイメント超大作

◆『鋼の錬金術師』(12月1日公開)

他界した母を復活させるべく錬金術でタブーとされる“人体錬成”を行ったエドワード(山田涼介)とアルフォンスの兄弟。ところが錬成は失敗に終わり、エドワードは左足、アルフォンスは体全体を喪失。

数年後、エドワードは失くした体の器官に機械鎧(オートメイル)を装着し国家錬金術師となり、“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。兄弟は失ったものを取り戻すべく、“賢者の石”を探す旅に出る。

2001~10年に「月刊少年ガンガン」で連載され、テレビアニメ版も大ヒットを記録した荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」を実写映画化。

主人公エドワード役を実写版「暗殺教室」シリーズにも主演した「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が務め、ヒロインのウィンリィ役を本田翼、エドワードたちの良き理解者である若き士官マスタング役をディーン・フジオカがそれぞれ演じる。

世界190か国以上で公開されることが決定した。『君の名は。』でさえ、世界125の国と発表していただけに、実写版『ハガレン』はアニメも含め日本映画史上最大、異例の規模で公開されることとなる。

実写鋼の錬金術師試写会へ行ってきました!キャラクターが現実世界に自然な形で動く姿や、錬成による物体の変化の演出もこれまでと一味違う新しい鋼錬です。 映像からCGに衣装、デザイン、原作の再現など拘りが沢山詰まっていました。見る事がで… twitter.com/i/web/status/9…

『鋼の錬金術師』試写。長い物語をうまく端折って破綻なく繋げた手腕に拍手。ただ小さくまとまってしまい深みに欠けた。山田涼介はエドらしさを出し、本田翼も元気で適役だが、松雪泰子の妖艶さが圧倒的で他の出演者が霞んだ感もある。錬金術、賢者… twitter.com/i/web/status/9…

『鋼の錬金術師』試写。設定が複雑だが、私のようにコミックを知らない人でも分かりやすく作られてる。善人の顔をして実は悪だった!というキャラが多い。ややコスプレ感はあるが、ホムンクルスとの闘いなどアクションが迫力あり。一ツ目の人形兵(?)が暴走するシーンはトラウマ並みの気持ち悪さ。

“北海道の大スター”大泉洋の当たり役

◆『探偵はBARにいる3』(12月1日公開)

高田(松田龍平)が探偵(大泉洋)に、行方不明になった大学生の麗子(前田敦子)の捜索話を持ってくる。調査を進めていくと、彼らはモデル事務所の美人オーナー・マリ(北川景子)にたどり着く。

探偵と高田はミステリアスなマリに振り回されるうちに、やがて大きな事件に巻き込まれ……。

作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平の共演で実写映画化した人気シリーズ「探偵はBARにいる」の第3作。

“3枚目なようでキメる時はキメる!”という探偵役は、大泉洋にとって最高の当たり役。

約4年ぶりの新作は、原作から複数の要素を抽出・再構築したオリジナルストーリーで、人探しの過程で闇社会に追われるようになった探偵と高田が、北海道を去る瀬戸際まで追い込まれる姿を描く。

探偵はbarにいる3の試写会 とにかく面白い(*´∀`)♪1.2以上に突っ込みどころ満載だし、衝撃的だし感動!そして忘れちゃいけないのが、最後まできっちりエンドロール終わっても見続けること!これは間違いなし!目が離せなくてドリンク… twitter.com/i/web/status/9…

映画「探偵はBARにいる3」を先日 試写室で見たところなので栗山監督を見るとあのシーンが蘇る☺︎ 今回も峰子ちゃん最高だった◎ 改めて北海道でしか撮影できないスケール感とコントラストが素敵だし、探偵と助手のまさかのクライマックスも見応えバッチリ。北川景子さんの美しさ儚さにグッと✧

「探偵はBARにいる 3」試写。橋本一監督の手を離れた4年ぶりの新作。シリーズものキャラクタードラマとして文句なしの楽しさ。北川景子ファンとしても他の作品で見たことがない北川景子を堪能。ただ、前作、前々作もそうだったけど、もうちょっと観客を信じて説明ショットを省いてもいい気が…

山崎監督「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズのチームが再結集

◆『DESTINY 鎌倉ものがたり』(12月9日公開)

#堺雅人#高畑充希 でファンタジー『#DESTINY 鎌倉ものがたり』予告到着!eigajoho.com/?p=75938 映画の公開は12月9日(土)全国東宝系にて。 pic.twitter.com/pzuTPl2c4b

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに亜紀子(高畑充希)が嫁いでくるが、さまざまな怪奇現象が起こる日常に彼女は戸惑ってしまう。

1 2 3





記憶の中で生きてゆける