1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

空母3隻が集結…西太平洋の緊張が高まっている

トランプ大統領の「アジア歴訪」が迫るなか、西太平洋にアメリカ軍の戦力が集結しているようです。

更新日: 2017年10月28日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 15943 view
お気に入り追加

■11月に「アジア歴訪」を行うトランプ大統領

最初の訪問国となる日本には11月5日から滞在し、安倍首相との会談、拉致被害者家族との面会などを予定。

その後、7日に韓国、8日に中国、10日にベトナムでAPEC首脳会議に出席、12日にフィリピン入りし、14日に帰国の途につく。

北朝鮮問題の打開に向けた包囲網強化や、貿易不均衡など経済問題が最大の焦点となる。

■そのアジア歴訪を控え、西太平洋が緊迫している

米海軍は10月25日、空母「ニミッツ」率いる空母打撃群が、横須賀基地を拠点とする第7艦隊の管轄海域に入ったと発表。

今月初め、アメリカ西海岸のカリフォルニア州サンディエゴの母港を出港し、第9空母打撃群を率いて太平洋を航行していた。

米海軍は「第7艦隊と第5艦隊の作戦区域で海上安保作戦と全域安保協力活動をする」と発表している。

■すでに展開中の「ロナルド・レーガン」を含め、空母3隻が集結

2007年8月以来で、この時は前年に北朝鮮が初めて核実験を行い、6か国協議で核開発放棄について協議中というタイミングだった。

空母3隻展開について米海軍は、「以前に策定された配備サイクルの一環」と説明。

しかし「米国しかできないことを示す、類のない機会となる」とも話しており、北朝鮮を牽制する狙いがあるとみられている。

■皆さんの反応

空母3隻が極東に。ホーネットが150も……ゴイスー。トランプが来るタイミングで北大将をビビらせる事も目的か。 #週刊安全保障 pic.twitter.com/g9LB2TkPaC

ニミッツ級空母3隻が西太平洋に集結するということは搭載してるF/A-18だけでも150機近い航空戦力が集まることを意味するからこれは北朝鮮どころか中露にとっても十分脅威になりうるだろうなぁ。

アメリカの空母一隻で、一国の空軍戦力にも匹敵すると言いますしね。 それが3隻とは。 twitter.com/okasanman/stat…

B-2来るのはいいとして、戦略爆撃機来日+来月には米空母3隻アジア集結とか、情勢が硝煙臭いにも程がある

西太平洋全体という範囲内で3隻が展開という話。 朝鮮半島に終結しているという話にはなっていない。 >正恩氏、「水爆」で世界恫喝 外相発言に北高官参戦「文字通りだ」 米は空母3隻展開も headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-…

トランプ大統領のアジア歴訪を控え、空母3隻が朝鮮半島近海にやってくる。 さすがに北朝鮮もミサイル発射は出来ないな。 中国も尖閣諸島、日本の領海侵犯は出来ないな。 空母、ずっと居てくれればいいな。

■今後の活動

ルーズベルトとニミッツの具体的な任務については明かされておらず、朝鮮半島近海に展開するかどうかは不明。

米政府当局者の話として「アジア歴訪中に、展開中の空母3隻が参加する大規模訓練の計画がある」とのこと。

訓練には空母打撃群のほか、日本の自衛隊も参加し、朝鮮半島近海で実施される可能性もあるという。

■いずれにせよ、北朝鮮の反発は必須

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。