1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

台風22号がスピードアップ‥警戒期間や予想進路に注目

台風22号の新たな予想進路と状況が公開…スピードアップする台風の今後の動きに注意

更新日: 2017年10月29日

7 お気に入り 155765 view
お気に入り追加

台風22号 太平洋側中心に風雨強まり予想進路が大きく変わる

【速度上がる】台風22号の警戒期間は? 滝のような雨が降るところも news.livedoor.com/article/detail… 近畿や東海には夕方から夜、関東には夜に最接近する見込み。短い時間に激しい雨が降り、道路が冠水するおそれもあります。 pic.twitter.com/B2qyx9AUfB

台風第22号サオラーによる暴風に厳重に警戒を.サオラーは本州の南を勢力を維持したまま進み,西〜東日本太平洋側では大荒れに.どうか安全にお過ごしください. pic.twitter.com/WMUHfmOaGT

西日本と東日本は太平洋側を中心に午後は雨や風が強まる見込み

「予報変わって、関東上陸ロックオンされてて」と最新のデータによってザワザワとしている状況です。

土日に各地で予定されていた秋のイベントも相次いで中止となっていて、台風の影響が広がっています。

四国の南の海上を東寄りに進んでいます。

正午には、高知県の足摺岬の南東160キロの海上を1時間に35キロの速さで東北東へ

このあと台風はスピードアップして本州南岸を東へ進み、四国には昼過ぎに、近畿や東海には夕方から夜にかけて、関東には夜、最も接近する見込みです。

太平洋側を中心に30日にかけて非常に強い風が吹く見込み

台風の接近とともに昼過ぎには近畿で、夕方から夜にかけては、東海・関東でも大雨となる見込みです。

29日夜には関東に近づいたあと、30日未明までに日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。

寒気が流れ込む夜は、北風が強まり、あすの朝にかけて気温がどんどん低下していくでしょう。

今後の注意事項や警戒情報

気象庁は暴風や高波、土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水やはん濫などに警戒するとともに暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要。

海上はうねりを伴った大しけとなっていて、波の高さは7メートルと予想されています。夕方にかけて、高潮への注意も必要です。

この台風に関するニュースはネットでも話題に

舞浜駅に京葉線は台風22号の影響で本日21時頃から遅れや運休が発生することが書かれた紙が掲示してありました! #TDR_now pic.twitter.com/vOgTgUeaXD

2週続けての台風 頭痛いし、フワフワする 今日は大人しくしてよ!

2週連続で日曜は台風待機 もう日曜なんて洗濯しに帰ってるようなもん!!! 愚痴しかない!!ほんと!

今日、ハロウィンライブあったのに台風のせいで中止! ホンマ台風なんてこんでええわ!

ちくしょう台風め。休校にしないレベルに週末のイベント潰すとかふざけるな。

2週連続で週末を襲う台風に、あの人たちもコメント

おはようございます!! ハロウィンを楽しめる日曜日。 台風には、お気をつけ下さい。 僕は岡山、金沢と台風の中、大移動しながらお仕事頑張ります。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。