マジかよ。世界と通勤時間を比較してみた結果…

職場と家の往復で3時間、みたいな生活を毎日がんばって耐えてる人も多いと思いますが、ちょっと家賃高くても近くに引っ越したほうがいいかも…。

更新日: 2017年10月29日

77 お気に入り 257135 view
お気に入り追加

毎日ツラい「長時間の通勤」

ドイツ人とアメリカ人の片道通勤時間の平均は23分。

通勤・通学時間が片道1時間を超えると答えた人の割合は、東京の場合が55%、大阪の場合が45.3%

(マクロミル調査)

研究によるとこの現状は問題視されていて

仕事の満足度については、1日の通勤時間が20分増えると、給料が19%減ったのと同程度のネガティブな影響が及ぶ

(ウエストイングランド大学研究結果)

通勤時間が長くなるにつれて仕事や自由時間の満足度が減少し、緊張感が増幅されてメンタルヘルスにも悪影響が出る

実際、通勤時間によるストレス度の変化は大きく…

通勤時間が「10分未満」の人のストレス度数は100%中の7.5%。「10分以上~20分未満」「20分以上~30分未満」の人は10%で、45分以上になると50%、1時間30分以上の場合は65%

(SUUMO調査)

長時間の通勤がもたらすストレスの高さは、年収が40%アップしないと割に合わないほど

(経済学者、ブルーノ・フライ博士の論文から)

片道45分以上の長距離通勤をしている夫婦は、そうでない夫婦より平均して40%、離婚のリスクが高い

(スウェーデン、ウメオ大学の調査)

電車に乗っていることで奪われる時間は、特に子育て世代にとってはダメージが大きいのは確か

10万人の健康データを分析したところ、通勤時間が長い人ほど肥満が多いという傾向がハッキリ出た

(カリフォルニア大学の調査)

そこで最近は、短時間通勤が主流に

2016年度に賃貸住宅を契約した人の平均通勤時間は40.5分で過去3年間で最短だった

(リクルート住まいカンパニー調査)

一例)会社から徒歩10分圏内(800m以内)に住めば5万円が、自転車で15分圏内(2,500m以内)に住めば3万円が補助金として支給

また…

「時間は貴重な財産。時間とお金との総合的なバランスで、しっかりした理由があって、明確な考え方に基づいて、選択していくべき」

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。