1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

勧善懲悪なストーリーが面白い!読むとスカッとする小説まとめ

日本人が大好きな勧善懲悪モノです。(下町ロケット、フライ,ダディ,フライ、三匹のおっさん、超高速! 参勤交代、庶務行員 多加賀主水が許さない、風の万里 黎明の空)

更新日: 2018年07月21日

38 お気に入り 14628 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

★『下町ロケット』 池井戸潤

研究者の道をあきらめ、家業の町工場を継いだ佃航平。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。

下町ロケット、本当に勧善懲悪モノでとても時代劇って感じだ でもおもしろーい

池井戸潤『下町ロケット』読了。 山あり谷あり、勧善懲悪、さりげない家族愛、数々の魅力的な人物、面白さの要素てんこ盛り。 とても魅力的な物語でした。

池井戸潤著『下町ロケット』読了。私は遅読で四百ページ以上の書物を読むのは数日かかることが多い。しかし、今回の作品は強く引き込まれて、1日で一気に読んでしまった。作者が描く主人公や登場人物が、とても魅力的。二転三転する展開も面白い。苦悩と葛藤。情熱の伝染。良き本との出逢いに感謝。

★『フライ,ダディ,フライ』 金城一紀

おっさん、空を飛んでみたくはないか? 鈴木一、47歳。平凡なサラリーマン。大切なものをとりもどす、最高の夏休み!

フライ•ダディ•フライ読んだけど、面白かった! やっぱ勧善懲悪ものはスカッとするな!

「フライ、ダディ、フライ」(金城一紀)読了。個人的に金城作品にハズレなし!単純明快、勧善懲悪なスッキリする話だったwオススメ!

『フライ,ダディ,フライ』読了。47歳のサラリーマン鈴木と落ちこぼれ男子高校生ザ・ゾンビーズのお話。一気に読んでしまった。清々しい気持ちになれる作品。本当に面白い!!

★『三匹のおっさん』 有川浩

かつての悪ガキ三人組が結成した自警団が、痴漢、詐欺、動物虐待などご町内にはびこる悪を成敗! その活躍はやがてキヨの息子夫婦や孫の祐希、ノリの愛娘・早苗らにも影響を与えてゆき……。

有川浩「三匹のおっさん」読了。めっちゃおもしろかったー!勧善懲悪モノはやっぱりいいよね!すっきりする。しかもちょいベタ甘とか最高じゃね。 それにしても。有川さんはやっぱりうまいなあ。けしてきれいごとだけを描いているわけではないのに読後感がさわやかな作家さんてなかなかいないと思う。

三匹のおっさん(有川浩)有川先生の書くおっさんだよ。最高だよ。キャラがたっているから関係性も光っている。何癖もあるおっさん三匹による勧善懲悪。扱われる問題は辛いものも多いが先生が真摯に向かっているのが分かるし、最後が悲観で終わらない所も好きです。ラブコメもそりゃ勿論ある。

有川浩の「三匹のおっさん」読了。定年迎えたじいさまたちの元気なことと、水戸黄門的なベタベタな展開が痛快。親、子、孫と世代間それぞれの抱える思いや視点の違いなんかもよく考えられてるなと感じた。

★『超高速! 参勤交代』 土橋章宏

たった5日で参勤交代しろって? お金がない! 人手がない! 時間がない! 東北の弱小藩はお上の無理難題にどう挑むのか

土橋章宏「超高速!参勤交代」読了。魅力的な藩主とその家臣たち。わかりやすい勧善懲悪は読後感スッキリで良かった。リターンズも手元にあるけどさらりと読めそう。楽しみ。

超高速!参勤交代/土橋章宏、超高速で読了。単なるコミカルタッチな時代小説かと思ったらとんでもない。かつての少年ジャンプ黄金時代のスローガン「友情・努力・勝利」(またはコロコロコミックの勇気・友情・闘志)が再燃するような勧善懲悪でお涙頂戴的な大冒険活劇でした。ロマンティックもらうよ

土橋章宏「超高速!参勤交代」読了。映画版が昨年話題になった小説。映画の方は未見ですが、小説は凄く面白かったです。物語展開、設定、キャラ作りが王道の面白さ。文章も、テンポを含めて読みやすい。これは誰が読んでも面白いと思える小説です。おすすめです(^-^)/

★『庶務行員 多加賀主水が許さない』 江上剛

この雑用係、何者だ!?策謀うずまく第七明和銀行。その支店に配属された男には、裏の使命があった――。

『庶務行員 多加賀主水が許さない』江上剛(祥伝社文庫)読了。オチが若干気になったが、勧善懲悪な楽しく読むにはオススメの1冊。

『庶務行員 多加賀主水が許さない』著:江上剛 読了。通勤の電車の中で読むのに、ちょうど良い痛快な作品。銀行作品は池井戸潤さんが有名だけど、新作まだかな?

1 2