1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ソフトB逆転勝利も‥日本シリーズ「リプレー検証」が波紋を呼んでいる

SMBC日本シリーズ2017は29日、ヤフオクドームで第2戦が行われ、ソフトバンクが4-3でDeNAに逆転勝ちとなりました。しかし、7回には、SB・中村選手の右前打でクロスプレーとなり、ビデオ判定の末、判定がセーフに覆り、ネットで話題となっている模様です。

更新日: 2017年10月30日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 74504 view
お気に入り追加

●日本シリーズ第2戦は、ソフトバンクが4-3でDeNAに逆転勝ち!

【日本シリーズ第2戦速報】(10完)ソフトバンクが4-3で本拠地で連勝 九回は守護神サファテが締める sankei.com/west/news/1710… pic.twitter.com/uE3AvWZFzp

ソフトバンク(パ・リーグ優勝)がDeNA(セ・リーグ3位)に4-3で競り勝ち、2連勝を飾った。

●試合は、SBが先制するもDeNA・宮崎選手がツーランで逆転!

試合は、第1戦を10対1で大勝したソフトバンクが、1回にデスパイネ選手の2試合連続となるタイムリーヒットで1点を先制

一方のDeNAは、6回に梶谷隆幸選手のソロホームランで同点に追いつくと、セ・リーグ首位打者の宮崎敏郎選手がツーランホームランを打って3対1と逆転

・SBが1点を返し、中村選手の右前打で二走・今宮選手もホームへ

三走・柳田が生還して同点に追いつくと、二走・今宮も逆転を狙って本塁へヘッドスライディングで突入した

・結果はアウトだったが、工藤監督がリプレー検証を要求

左にそれた右翼手・梶谷からのワンバウンド返球を受けた捕手・戸柱も飛び込みタッチした。

・検証の結果、判定がセーフに覆り、そのままSBが逃げ切り勝利!

審判団によるリプレー検証の結果、判定がセーフに覆り、ソフトバンクが4対3と逆転しました。

●ネットでは、このビデオ判定に様々な声が上がっている

冷静に考えると、決定的なビデオ映像がない中で判定を覆すなんて審判にとって凄く勇気がいることだと思う!勿論褒め言葉でもなければ良い意味でもないけど

ビデオ判定に賛否両論出てるみたいで あれはもう浮いてる浮いてない言い出したらキリないし、いくら120台って言っても精々あの距離から撮った映像じゃあのプレーは判断できませんよ それを勝手にアウトと決めつけて騒ぐのはどうかと どっちに転んでもおかしくなかった判決だとは思いませんか

改めてビデオ判定システムってどうなんだろ… 無ければないで絶対誤審だろ!ってやつを覆せなくなるし、あったらあったで際どいやつを後からしっかり見てみてこれ誤審だったんじゃん!ってなるやつは後味悪いしな…

例の映像何回か見返してるけどほんまにわからんわ 角度によっては小指がギリギリ先にベースについてるようにも見えるし、別の角度ではやっぱり手が浮いてるようにも見えるな こんなんで絶対アウトって断言できる奴がいるんですもんね…ビデオ判定より信用ならねぇや

今日の日本シリーズ際どい判定あったみたいだから見てみたけどビデオ判定でも微妙なところね、走者は届いてそうに見えて手が浮いてるし。こうなると審判に委ねるしかないよね。

あとホームのビデオ判定の後にラミレス監督がすぐにジャッチを受け入れて手を叩いて盛り上げてるのが印象的でした

ビデオ判定にしろセンサー感知にしろ、微妙な所では誤差やゆらぎがあるんで、結局最終判断は人間、という所に変わりはない。誤審は減らせるかもしれないが万能ではない、という事

・「アウト」だったのでは?という声‥

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。