1. まとめトップ

香取慎吾のアーティスト活躍が話題‥安倍首相も作品を鑑賞

元SMAPの香取慎吾さんのアーティストしての一面が話題…アート展に安倍総理も来場し激励

更新日: 2017年10月30日

0 お気に入り 7316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

元SMAP香取慎吾さんが話題

11歳でジャニーズ事務所のSMAPに参加(最年少メンバー)。平成3年SMAPの「Can't Stop!! -LOVING-」で歌手デビュー。

2016年12月31日、SMAP解散。ソロタレントとなる

香取さんは事務所から独立後のアーティストしての活動に注目

アトリエの床にはキャンバス、ダンボール、ウッドパネルなどがびっしりと立てかけられ、壁一面には香取慎吾が描いた作品が飾られている。

自身のアトリエに人を招き、制作中の様子などを公にするのは異例で、ファンからも「今まで見られなかった姿が拝見できてとっても嬉しい」と、喜びの声が続いている。

もし売りに出したとすればその“資産価値”はかなりのものになるでしょう。今から注目が集まっています

ミュージアム・オブ・トゥギャザーに絵画2点を出展

「作家の香取慎吾です。作家として紹介されるのは、すごくうれしいです」とあいさつした。

2010年の「イソゲマダマニアウ」は、青空に個性的なキャラクターを描いたポップな作品。

「こんなアニメのキャラクターがいたら面白いと思って描きました」「火のトリ」(14年)は、炎が鳥になっていく姿を表現

オフィシャルサイトでは、香取慎吾によるメッセージ動画も公開中

僕にとってアートとは、ルールやゴールが存在しないもの。始まりにも終わりにも正解はなく、自分の物差しで決めることができる、かけがえのないものです。

そんな香取さんのアート展に安倍総理が来場

安倍晋三首相が30日、東京・表参道スパイラルホールで行われたアート展『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー』に来場

同アート展に出展している元SMAPの香取慎吾がアテンド役を務め、自身の絵画作品を含めた各出展を紹介

「色使いが独特だ」と感想を述べた。鑑賞後は記者団に「芸術こそダイバーシティ(多様性)だという思いになった。それぞれの多様性、個性を生かしたもの、その感性が芸術として展示されている」と語った。

Twitterでは香取慎吾さんのアーティストとしての活躍に反響

青山のスパイラルガーデンにも行って来たヨ!!!!!!火の鳥の方が好きかな〜〜〜( ^∀^)よーく見ると絵の具の立体感が素敵ですよ( ^∀^)!!!! #ミュージアムオブトゥギャザー #香取慎吾 pic.twitter.com/QeWApNJFQY

@1171014 『火の鳥』凄く力強い作品でダンボールに描かれてるから保管が大変だろうなと思いました。『イソゲマダマニアウ』もテレビで見るのと違って、繊細な感じでした。他の方々の作品もとても素敵で見入ってしまったわ。

仕事先でTJAPAN読んだ。香取慎吾の才能は私の思っていたものを遥かに超えてました。描き溜めてる絵も今後やりたい個展のことも。圧巻の発想力と表現力。凄すぎるよ、慎吾。眩しすぎるよ、慎吾。

今後も香取慎吾動さんの動きに注目が集まります。

1 2