1. まとめトップ

【FXのやり方】まだ悩んでるの?FXのやり方にはコツがあった

いまや投資の鉄板となったFXですが、初心者にはカナリ難しいです。やり方の勉強方法をまとめました

更新日: 2018年04月12日

1 お気に入り 2704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

friekingbadさん

投資で流行っているらしいけれど、「FX」って何のこと?

「FX」を簡単に説明すると、パソコンや携帯電話などを使ったインターネット上で、少ない資金で多額の通貨を簡単に売買する「外国為替取引」のことです。
(「FX」はForeign eXchange=外国為替の略です)

例えばドル円を例にあげてみましょう。
現在のドル円が100~101円前後で推移しているとします。
100円の時にドル円を買って、101円の時にドル円を売れば1円儲かります。取引金額が多ければ多いほど儲けはその額に比例して返ってきます。

まぁ、何となくはわかったけどな。。。

FX難しい、、、 経験値が大切なのは理解したけど、やってる人、誰か勝ち方やコツを教えて、、、

FXの良い勉強法教えてほしいです。 まずは何を目標にどうしろ的な

株FXビットコインなんでもやるんだけど、教えてーとか言って来るやつ、人に聞く前に自分で勉強しろよw お金の稼ぎ方も大事だけど増やし方の方が大事だと思うんだけど意外とみんな勉強しないのね不思議 まず株とFXどー違うの?とかもうさ論外だよね 馬鹿はほんと疲れる苦手

その勉強のやり方がわからなくて困っているのです!

チャート(ローソク足)の読み方を覚える

ローソク一つあたりの期間が一日の場合は日足(ひあし)、一週間の場合は週足(しゅうあし)、一月の場合は月足(つきあし)、一年の場合は年足(ねんあし)と呼ぶ。

分足、時間足など、アプリが充実している現代ではどんな時間軸でもチャートを描くことが出来るんですよ。

ローソク足は江戸時代に出羽国の本間宗久が発案し、大阪・堂島の米取引で使われたといわれている。現在は日本国内だけでなく、世界中のヘッジファンドや個人投資家の間でもローソク足チャートを中心軸において取引をしている。

なんと江戸時代に日本で開発されたツールなんですよ!

FXのデモトレードをやってみよう

デモトレードとは、仮想のお金を使って、無料で自由にFX取引ができるシステムです。 もちろん、仮想金なので、利益を出しても受け取れませんし、損失を出しても支払うことはありません。 いきなり口座を開設して取引を開始する前に、まずは無料デモトレードで体験して練習することを強くおすすめします。

デモトレードだからといって適当にやらない

実際にお金がかかっていませんので、負けても何の痛みもありません。精神的に楽です。

だからといって、適当にやるのではなく、本番のつもりでやってみてください。デモトレードで勝てない人は、本番でも勝てません。

デモトレードを体験して、自分なりのルールを確立させることが重要です。

デモトレードのうちに、リアルトレードでは出来ないようなハイリスクなトレードを敢えて行ってください。それによって、

リスクとリターンのバランス
資金量と注文枚数のバランス
などを体感から身につけられるようになります。これを繰り返していると、あなた自身の資金管理術が出来上がっていきます。

それには、1回の取引の最大損失額を口座資産の約2%以下となるようにコントロールすることが大事です。初心者の方は、1回の最大損失額を1%に抑えたほうがいいでしょう。

たとえば口座資金が100万円の場合、初心者は1回の最大損失額は1万円となります。
勝率が40%(4勝6敗)として、100回の取引で60連敗したとしても、1回の取引の最大損失額を1%の1万円に抑えていれば、40万円が手元に残る計算です。

60連敗は想定しづらいと思いますが、10連敗や20連敗は、現実味を帯びてきます。万が一、10連敗、20連敗しても、口座が破綻するようなことがないようにしなければなりません。

デモトレードが出来る会社一覧

1 2 3