1. まとめトップ

【プロポーズ】婚約指輪の選び方【ダイヤモンド】~金沢ジュエリーショップ別比較~

指輪っていつ選ぶの?婚約指輪って必要なの?二人で見に行くものなの?どうやってお店を選んだらいいかわからない。お店によって何が違うかわからないという方へ!ショップ別の特徴をまとめてみました!

更新日: 2018年01月29日

0 お気に入り 3066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pk.k.tkbさん

婚約指輪を選ぶタイミングは?

婚約指輪を贈るタイミングはじつはカップルによりさまざまです。

一般的にはプロポーズ、または結納までに準備することが多いので、
そのあたりを意識しておくといいかもしれません。
だいたい挙式の半年前が結納や両家顔合わせをする時期になるので、
その場でお披露目できるように婚約指輪を用意しておきましょう。

先輩花嫁の例では、挙式の約11.4カ月前から探し始めて、
10.0カ月前までに決めているケースが多い。
挙式の6~7カ月前が結納や顔合わせの時期なので、
そのときにお披露目できるよう用意。
注文から受け取りまで1~3カ月かかるので、余裕を持って。

婚約指輪は誰が選ぶの?

婚約指輪といえば男性が選んで女性にプロポーズ時に渡すもの、というのが定番ですが、
実際のところは「プロポーズの後にふたりで婚約指輪を選んだ」
というカップルが40.5%で最も高い割合を示しています。
ただ、2005年は「ふたりで選ぶ」は57.7%だったのが
2016年では40.5%となっていますので、割合としては減ってきています。

実は男性が一人で選んでいる割合が増えてきているのです。
2005年には一人で婚約指輪を選ぶ男性は19.7%でしたが、
2016年には30.7%にも増えています。
経済的な理由から婚約指輪を遠慮する女性が増える半面で、「
彼女が喜ぶことをしてあげたい!」と
考えている男性が増えているのかもしれません。

結局女性はプロポーズの時に指輪を用意てほしいけど、デザインは自分で選びたいと思っているのが本音

やっぱり女性としては、プロポーズのときに指輪があったほうが嬉しいし、相手の本気度が伝わってくるっていうところかしらね。

あったほうがいいとは思いますけど一生の物になるので、出来たら一緒に選びたいですね!せっかくもらったのに、趣味に合わないとお互い残念だし。

そもそも婚約指輪は必要なの?

「あるとないとでは、相手の本気度や信頼度が変わってくる」

「そこまで必要とは思わないけれど、もらったら素直にうれしい」

「気持ちは伝えることが大事。婚約指輪はただのモノじゃなくて、気持ちの証だから。」

いくら相手への気持ちを普段から伝えていても、「気持ち」は目には見えないもの。わかりやすい「カタチ」として、渡されると相手の想いを実感しやすいということがあるのかもしれません。

「相手に悪いから」という理由で婚約指輪を買わなかったという慎み深い女性がいます。
「彼女が婚約指輪をほしいと言わなかったから贈らなかった」と言う男性もいます。

「結婚に際しての不満や後悔」の第1位は男女ともにプロポーズ!
「プロポーズの言葉がなかった(女性38.0%)」
「きちんとプロポーズができなかった」(男性36.5%)

女性が「理想のプロポーズ」と聞いて連想するものは?
第1位「ダイヤモンドが輝く指輪」(63.0%)
第2位「夜景の見えるレストラン」(50.3%)

男性は「婚約指輪を贈ってあげたい」のか「贈りたくないのか」のか。
女性にとっては「贈られたい」のか「贈られたくない」のか。
何より大切なのはふたりの気持ちや思いやりなのです。

婚約指輪と結婚指輪を重ねて着けたい女性も多数!

「結婚式に出席する際」や「旦那さんとの記念日のデート」、「おしゃれをして臨む女子会」など晴れの日や特別な機会に身につけ、ドレスアップの仕上げに着用される方も多いようです。

「夫の実家に帰省する時」「夫の会社の婦人会や、職場のパーティーに招かれた際」など

本当に給料3か月分?一番気になる婚約指輪の値段!

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ(首都圏版)」によると、
婚約指輪の平均購入金額は37.9万円。
現在の婚約指輪にかける実際の購入価格・平均相場は
"30〜40万円"が主流ということです。

お店によって金額って違うの?

1 2 3 4