1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

facialさん

実は子役オーディションは子供だけではなく親も見られているんです。一緒に仕事をする上で子供だけではなく、親もとても重要になってきます。時間にルーズの親でしたら遅刻で撮影がストップしてします。そういう面でも製作サイド、事務所は親を見ているんです。今回子役オーディションのママ対策を紹介します!

1ママの人柄
2オーディションは会場から
3親に無理矢理オーディションを受けさせられたのか?
4自己紹介

1ママの人柄

合格した後はスケジュールの連絡をとったり、事務的な話をするのは、子どもではなく親御さんになります。 そのためお母さんが扱いにくい人だと、面倒くさくなってしまうのです。

可愛い我が子を心配して口出しするのは分かりますが、行き過ぎてしまったらNG。モンスターペアレントの親でした事務所側は扱いににくいと判断し、仕事を振ることを極端に減らす場合もあります。事務所側も学業や身体的成長も理解しています。それに見合った仕事を振ってきますので、ママさん達は心配し過ぎないようにしましょう!

2オーディションは会場から

会場に入ったときに既にオーデイションはスタートしているんです。審査員側は日常の親子の関係を見ます。子供に対してどのように接しているのか?泣き出した子にはどのようにあやすのか。審査員は見ています。緊張感はしっかりと持っていた方がいいです!

3親に無理矢理オーディションを受けさせられたのか?

「やらされている」子どもは、誰もお仕事したいと思わないのではないでしょうか。 そのためオーディションの直後で圧力的に出来栄えを聞いたり、なんでできなかったのよ、と声をかけてしまっているお母さんは要注意人物になります。

これは重要です!子供も意志をしっかりと尊重してあげましょう。
本当にやりたいのか?やりたくなのか?これは子供に悪影響を及ぼしてします。また無理にオーディションを受けさせたと思われてしまった場合に事務所側は、”親のエゴ?”と思われしまう場合うがあります。これはとてもマイナスです。
子供としっかりと話しあった上でオーディションに行きましょう

4自己紹介

オーディションには自己紹介が付きものです。子どもにはしっかりと自己紹介の対策をしてあげましょう。審査員から色々と質問が飛んで来る可能性があります。突然の質問にあたふたさせない為に自宅ではどんな質問が来ても答えられる準備が必要です。子供の受け答えはハキハキとが良いですよ!

まとめ

いかがでしたか?ママの為のオーディション対策を載せさせてもらいました。
オーディションはとても緊張するものです。中には人前に立つのが初めての子もいます。緊張して泣き出してしまう子もいますが、子供に責任はありません。頑張って来たからこそ緊張をしてしまうのです。ですからオーディションを終わった後は、「できたの?」ではなく子供達をいっぱい褒めてあげてください!

1