1. まとめトップ
  2. 雑学

これは深い…日本の紙幣は清潔で、中国の紙幣は汚い理由

日本の紙幣が清潔で中国の紙幣が汚い理由とは。

更新日: 2017年10月30日

58 お気に入り 272477 view
お気に入り追加

■日本の紙幣は清潔で綺麗

日本のお金はきれいで、いつも汚れていません。エジプトではだいたい古い時代の人物や有名なモスクの映像が映っています

日本の紙幣は印刷に磁石に引き付けられる性質を持つ特殊なインクを使っており、汚れにくい。当然、印刷のコストも高い。

「日本人の多くが銀行にお金を預けていて、大きい買い物はクレジットカードを使う」とし、現金のやり取りが少ないため、汚れる機会が少ない

■それに比べて中国の紙幣は汚い

中国の紙幣はお世辞にもきれいとは言えない。しわくちゃであるだけでなく、紙幣に付着している細菌の数も多く、比較的新しい1元札でも赤痢菌や大腸菌、ブドウ球菌、B型肝炎ウイルス、淋菌などが付着していたという調査結果も

香港城市大学で行なわれた研究によれば、中国人民元の紙幣1枚には平均で細菌17・8万個が付着しており、アジア7カ国(地域)の中で最も多い

トルコのある大学の研究報告によれば、頻繁に紙幣に接触する出納員の肝炎感染率は一般の人より6倍も高い

中国のはほんとに汚かったわ。アメリカもましだけど汚い。日本のお金が新札に見えて勿体なくて使いにくいw中国の紙幣はなぜ汚いのか、その意外な理由とは(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2017… @YahooNewsTopics

概ね同意。中国、インドの小額紙幣は本当に血塗れで本当に汚い。触りたくないもん。PaytmやWechatpayでどんどんキャッシュレスにして欲しい。 「クレカか現金か」は時代遅れ #BLOGOS blogos.com/outline/246762/

や、中国とかインドの汚い紙幣は想像以上ですよ @tielumi_jp 真札でも折り目とかシワだらけなら自販機通りにくいのは日本も同じ。 twitter.com/yamayat/status…

■その理由の一つとしてあるのが「財布」

中国の男性はあまり財布を持ち歩かなかった、ということ。近年ではだいぶ財布を持つ習慣が増えてきたが、以前、中国の男性は紙幣をそのまま束ねて(あるいは必要な数枚を数枚だけ)ポケットに突っ込んで外出

日本人は紙幣の扱い方が丁寧だ。紙幣をポケットに突っ込んで持ち運ぶような人は少ない。中国では財布を使わずにズボンのポケットに紙幣を突っ込んでいる人をよく見かける

スリの多い地域では、財布をポケットに入れるよりも、札をそのままポケットに入れてる方がすられにくいそうです。

■更に「文化」違いがある

日本人は、お金をある種「神聖なもの」だと考えているので、カバンにそのまま放り込むことはしないし、紙幣をむき出しで誰かに手渡すことにも抵抗がある

お金はあくまでもモノとの交換手段でしかない。だから、むき出しで持ち歩いたり、粗雑に扱ったりする。そのまま誰かにお金を手渡すことにも抵抗がない。ここが日本人との大きな違いだ。

中国の考え方です。

日本の紙幣には落書きも見当たらないとし、日本人は紙幣を重要かつ神聖な存在と見なしている

■日本が知識や技術を重視していることも理由としてありそうだ

世界では政治家や建国に関わる人物の肖像を紙幣に採用する国が多く、中国でも紙幣に毛沢東の肖像が描かれている

一方、日本は野口英世や樋口一葉、福沢諭吉といった人物を採用していると紹介した。つまり、日本では文化人や科学者、思想家は非常に高く評価されている

日本人のモノを大切に扱うという心は幼少の頃にランドセルを大事に使うという点からも培われている

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします