1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

守るのは石田ゆり子!木村拓哉主演『BG』の追加キャストが豪華すぎる

元SMAPの木村拓哉が主演する2018年1月期冬ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」。「エンジン」以来となる脚本家・井上由美子との再タッグも話題だったが、追加キャストで「プライド」以来となる石田ゆり子との共演も実現。他にも江口洋介・上川達也・斎藤工・菜々緒・間宮祥太朗ら主役級の豪華キャスト。

更新日: 2017年11月12日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 20246 view
お気に入り追加

◆木村拓哉がボディーガード役を演じる『BG』

木村拓哉がボディガードに!ドラマ「BG」1月スタート、脚本は井上由美子(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/2534… pic.twitter.com/9752QmiSn5

元SMAPの木村拓哉(44)が、来年1月期のテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」(木曜・後9時)に主演する。

現在、『ドクターX~外科医・大門未知子~』が放送中のドラマ枠は、2015年4月期の『アイムホーム』以来、2度目。

今年1月期で外科医を演じたTBS系「A LIFE~愛しき人~」以来の連ドラ主演で、今回はボディーガード役を演じる。

◆脚本は『エンジン』以来のタッグとなる井上由美子

『エンジン』(2005)

脚本:井上由美子
出演:木村拓哉、小雪、松下由樹、高島礼子、原田芳雄

脚本は、「白い巨塔」(03年)、「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(14年)などの井上由美子さんが担当。

「民間ボディーガード」という特殊な立場にある人々を題材に、ボディーガード、警視庁のSP、癖のある警護対象者など様々な人たちの思惑が交錯していく人間ドラマを、完全オリジナルで描きだす。

◆木村はある“過去”を持つシングルファザーのボディーガード役

木村は、過去のある出来事によりボディガードの世界から身を引いたが、身辺警護課の新設を機に復帰を決意する民間警備会社の職員・島崎章を演じる。

公的組織である警視庁のSP(セキュリティーポリス)とは異なり、あくまで民間人なので、当然のことながら拳銃や殺傷能力の高い武器を持たずに、命を左右する緊迫した状況にも丸腰で立ち向かわなければならず、正当防衛でないと反撃することも許されない。

島崎 章(しまざき・あきら)…木村拓哉
ボディーガードとしてのスキルは卓越したものがあり、徐々にそれが明らかに…。私生活では、中学生の息子とふたり暮らしだが、いまいち円滑なコミュニケーションはとれていない。

◆警護対象に『プライド』以来の共演となる石田ゆり子

『プライド』(2004)

木村拓哉と石田ゆり子

警護対象者となる厚生労働大臣・立原愛子を演じるのは、現在放送中の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」でも自然体な演技で魅せる石田ゆり子。

立原愛子(たちはら・あいこ)…石田ゆり子
厚生労働大臣。知的な美貌で、人気のキャスターだったが、8年前、衆議院に立候補。有権者(特に男性)から圧倒的な支持を受け、見事トップ当選。上昇志向が強く、そのためには手段を選ばない。

石田「とてもワクワクしております。木村拓哉さんとご一緒するのは、14年ぶりになります。(脚本を担当する)井上由美子さんの描かれる「BG~身辺警護人~(仮)」の世界の中で、立原愛子という政治家として生きることを今からとても楽しみにしております。」

◆対立する警視庁SPには江口洋介

落合義明(おちあい・よしあき)…江口洋介
警視庁SP。秀でた能力、広範な知識、冷静な判断力から、早々にSPを任命された。特技は拳銃。特定の警護対象者にはつかず、緊急かつ重要な対象者の警護にあたっている。武器を持たない民間の警備会社が身辺警護に当たることを良く思っていない。

江口「今回、木村拓哉さんとの共演は初めてです。互いに高い意識の中でどんな火花を散らせるか、撮影に入るのが今から楽しみです。丸腰の民間ボディーガードに対して、常に立ちはだかる強力なライバルとして、相手を圧倒させる存在感を出せたらと思っています。」

◆身辺警護課内には斎藤工や菜々緒ら個性的なメンバー

優秀ゆえにほかのメンバーを見下しているフシもある高梨雅也を演じるのは、斎藤工。

メンバー唯一の女性ボディーガードで、かつては将来を有望視される柔道選手で、運動神経も抜群な菅沼まゆを菜々緒が演じる。

間宮は、メンバー最年少のボディーガードで、就活戦線に失敗してどこからも内定を貰えず、渋々就職した先が警備会社だったという今どきの若者・沢口正太郎を演じる。

間宮祥太朗

1 2





記憶の中で生きてゆける