1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

朝ドラファンは満足!?シリアスドラマ『明日の約束』の意外な楽しみ方

ドラマはそれ自体で楽しむのもいいけれど、他のドラマに出ていた出演者が違った役を演じるのを、比較したり重ねたりするのも面白い。そんな作品の一つが、井上真央主演のドラマ「明日の約束」。内容は高評価ながら視聴率は低迷。とはいえ、朝ドラ出演者が多数登場していて、朝ドラファンならそれだけでも満足!?

更新日: 2017年11月22日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 125912 view
お気に入り追加

◆井上真央が2年ぶりに主演するドラマ『明日の約束』

脚本:古家和尚
出演:井上真央、及川光博、仲間由紀恵

女優の井上真央が2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来、約2年ぶりに連続ドラマの 主演を務める「明日の約束」。

同ドラマは、井上演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、ある不登校の男子生徒の不可解な死の原因を究明していくヒューマン・ミステリー。

“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた日向は、生徒の死からさまざまな問題と向き合い、人の心の闇と対じしていく中で、日向なりの“親子のカタチ”を導き出していく。

◆見ごたえ十分なドラマで評価は高いものの…

明日の約束 第1話(10/17)予告編30秒版他計2本配信 出演 井上真央,及川光博,工藤阿須加,白洲迅,新川優愛,神尾佑,仲間由紀恵 他 bb-navi.com/cm-douga/inoue… pic.twitter.com/UHOhXRG7aG

"毒親"に苦しむ生徒たちの相談に乗りつつ、自らも"毒親"に苦しむというモラハラ被害者の心理を、細かい表情からそこはかとなく表現している。子役の頃からのキャリアと、役作りを繊細に行う彼女ならではの名演技といえよう。

井上真央について

『過保護のカホコ』が明るい毒親ドラマなら、『明日の約束』は重苦しいトーンと迫力で正調・毒親ドラマといえそうだ。

「内容が重たい」という感想が聞かれる一方で、「久しぶりに、ながら見が出来ない緊張感」「悲惨な現実を受け止めた上で、乗り越えようとする登場人物の強さに打たれてしまう」と、完成度の高さを評価する声も多い。

◆視聴率は低迷中

明日の約束 第2話(10/24)予告編よくわかる1分版配信 出演 井上真央,及川光博,工藤阿須加,白洲迅,新川優愛,神尾佑,馬渕英里何,手塚理美,佐久間由衣,仲間由紀恵 他 bb-navi.com/cm-douga/inoue… pic.twitter.com/bFtLxNaXdk

17日に放送された女優・井上真央(30)主演のフジテレビ系ドラマ「明日の約束」の初回の平均視聴率が関東地区で8.2%だったことが18日、分かった。関西地区では9.6%をマークした。

24日に放送された女優・井上真央主演のフジテレビ系ドラマ「明日の約束」の第2話の平均視聴率が6.2%だったことが25日、分かった。初回は8.2%でスタートし、今回は2ポイントのダウンとなった。

その内容が「イジメ」や「自殺」、そして子どもにとって“毒”になる親を指す「毒親」といったキーワードが散りばめられていることもあって、今クールの話題作になるとみられていたが、視聴率では苦戦が続いている。

◆しかし、朝ドラファンには魅力的なドラマだった

明日の約束、朝ドラクラスタにとってはすごく魅力的な‥‥

それに佐久間由衣も出とるし てか朝ドラ経験者大勢そろってるわぁ #明日の約束

さくらと時子が出てて、なんなら主役は陽子だわーとか思って、てか蓮子さんもいるじゃんって気づいて、私の朝ドラ脳がパンクするわ #明日の約束

◆まずは主役の井上真央 『おひさま』のヒロインを務めた

『おひさま』(2011)

脚本:岡田惠和(『ちゅらさん』『ひよっこ』)
主演:井上真央

主人公の藍沢日向29歳は、高校のスクールカウンセラー。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげている。

日向自身が誰にも相談できない苦悩を抱えてきたために、この職業を選んでいる。“毒親“ともいえる過干渉な母親とのいびつな関係に悩みつつ育ち、今も同居生活が続いている。

『明日の約束』

藍沢日向 役:井上真央

生徒役の子たちを含め演者さんみんな上手いし、淡々としているけど引き込まれる内容。真央ちゃんも世間一般的には明るい役のイメージだけど、朝ドラでの“受け”の演技や八日目の蝉での影を抱えた演技が活きていて、新たな面を見てもらえそう✨ #明日の約束 #井上真央

「#明日の約束」初回は #東方神起 の主題歌目当てだったけど、朝ドラ好きだったりもするからキャストにも沸いた♪井上真央さんは「おひさま」、仲間由紀恵さんは「花子とアン」、及川光博さんは「とと姉ちゃん」、工藤亜須加さんは「あさが来た」、馬渕英里何さんは「梅ちゃん先生」 続く→

1 2 3





記憶の中で生きてゆける