胸が苦しくなる「禁断の恋愛マンガ」4選

禁断の恋に走る男女。その生々しさを疑似体験できるマンガを集めました。

更新日: 2017年10月31日

303 お気に入り 129267 view
お気に入り追加

嫌になるほど胸に突き刺さる…

”いい夫婦”のありかたとは何かを考えさせられる衝撃作。

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦の物語。だけどセックスレス。二人が選択したのは「不倫公認」

お互いを「一番の相棒」として信頼しているため、セックスはしなくても良いと言う妻。しかし、それとは逆な夫...

恋愛の季節をすぎた、夫婦という曖昧で不可解な関係性のなかにあるものを端的に言葉にしたマンガ

「にこたま」の渡辺ペコの新連載「1122(いいふうふ)」、モーツーで開幕 natalie.mu/comic/news/202… pic.twitter.com/hMKhEHYvQi

妻の”割り切れない感情”に心が苦しくなる。

最初はセックスレスの夫・二也が性欲解消のための女性を外に作って、夫婦円満を維持..と思いきや“恋愛”も外に求めていた

女性の性の問題に切り込み、家族のあり方の多様性を描く今日らしい作品だが、やはり割り切れない妻の感情の揺れが生々しい

不幸になるのはわかってる…けど

初めて好きになった人や、初めて憎んだ人など、登場人物のさまざまな「はじめて」にまつわるエピソードを描く

登場人物が少しづつ繋がっていく短編集。
徐々に明らかになるのは、、

1ページ1ページ主人公の目が覚めることを祈りながら読み進めました。でも、結局初恋の魔力にとらわれた主人公の目が覚めることはなく、辛い。何もなければかわいい年の差カップルなのがまた胸の苦しさに拍車をかけます

既婚者として不倫はほんとにイヤなことだし、この恋を応援なんか絶対できない。でも、会えて嬉しくて会えない時は寂しくて、好きで好きでそれしかない毎日が羨ましくもある

幸せな気持ちになったり、切なくなったり...心を揺さぶられるストーリー。

"昼顔妻"の想いに共感者続出!

「不倫」はいけないこと。なのに読むと”不倫した側”に感情移入してしまう危険な作品。

黒澤Rが描く、禁断の不倫愛。妻はなぜ、一線を越えたのか――?悩める人妻の4つの物語

一線を越えてはいけないとわかっているからこそ、はまっていく人妻たちの感情やストーリーがどれもリアルで忠実

自分の存在って何なのだろうという孤独感や淋しさを抱えながら頑張る主婦たちが、そのタイミングで出会った他の男性と関係を持ってしまう。そこには癒しと満たしがあるのかもしれない

禁断の恋なのに、止められない苦しさ

妹のためだけに生きて来た"夏美"と、母の望むように生きて来た妹の婚約者の"冬吾"、二人のラブストーリー。

死んだ妹の春と交際していた男と、罪悪感を抱えながら付き合う姉・夏美の姿が描かれる

妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになる

「愛する妹を奪った男性」「妹が愛した男性」。付き合ってる夏美にとって、それは苦悩と罪悪感に満ちた関係だった

それはまさに呪いのように。死んだ妹の恋人と交際する「春の呪い」が、凄い - いつかたどり着く (54 users) bit.ly/1UdxrI0 9件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/www.itut… pic.twitter.com/osf2DxkShd

なんともいえない夏美の表情が切なすぎる...。

静かに病み、静かにこじれて、キャラクターたちはその中で激しく葛藤する。読みこむにつれ、その重さがじわじわと染む奥の深い作品

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。