1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『宇宙兄弟』から『ガルパン』まで!12月の「マンガ展覧会」が楽しそう

2017年12月に東京で開催中の漫画展も多数。昭和のくらし博物館「高野文子の描く昭和のこども原画展」、東京ドームシティ「宇宙兄弟10周年×TeNQ」、国立新美術館「新海誠展」、BOOKMARK浅草橋「タブロウ・ゲート原画展」、池袋サンシャインシティ「ガールズ& パンツァー博覧会」と多彩。

更新日: 2017年11月12日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 30865 view
お気に入り追加

◆『高野文子の描く昭和のこども原画展』

画家・高野文子さんの作品の中から、昭和の子供、情景が描かれた漫画の原画、イラスト、ペーパークラフト、新作アイデアノートなどをピックアップして展示します。

「絶対安全剃刀」「おともだち」「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」「青い鳥」「春ノ波止場デウマレタ鳥ハ」「美しき町」「奥村さんのお茄子」「黄色い本」「Tさん(東京在住)は、この夏、盆踊りが、おどりたい。」など、作品から約26点をピックアップ。

高野文子先生の過去作品の原画を見れる機会はそうそうありません。「トーンの魔術師」とまで言われた高野先生のトーン使い、軽やかな筆致をこの目に焼きつけに行きましょう〜。

原画展情報アップしました。現在『高野文子の描く 昭和のこども原画展』が〈昭和のくらし博物館〉で絶賛開催中です。12/24まで。是非のお越しを!bit.ly/2hNywg1 pic.twitter.com/eor9bXSeYh

「高野文子の描く昭和のこども原画展」行ってきた。タイムスリップ。すごいよここ。 https://t.co/Vu8Xe20X3C pic.twitter.com/FDIc7jrJy5

高野文子さんの原画展へ 原画は勿論、額装も素敵だなと思っていたら、古い着物等を利用した高野さんの手作りとの事(!) 昭和くらしの博物館の建物も企画展もとても素敵で、誰かの世界にぽいっと入れられたみたいな時間でした。ぜひ! showanokurashi.com

◆『宇宙兄弟10周年×TeNQ』

『宇宙兄弟』は連載10周年を迎え、1年かけて『宇宙兄弟』の様々な企画が実施されていくアニバーサリーイヤーの最初を飾るのが、TeNQでの本展です。

初公開を含む小山宙哉直筆のカラー原画をはじめ、漫画のアイディアノート、ネーム、作画風景動画のほか、『宇宙兄弟』が表紙を飾った歴代の「モーニング」表紙画像など、10周年にふさわしく展示内容は盛りだくさん☆

TeNQ宇宙ストアでは、会期中に『宇宙兄弟』関連グッズを販売予定です。

『宇宙兄弟』の連載10周年を記念する展覧会、アイデアノートやカラー原画が集結(10月19日~12月11日) cinra.net/event/20171019… pic.twitter.com/KyzNjv2iWF

宇宙兄弟10周年×TenQ。表紙ギャラリーが嬉しい~見たことがないムッちゃんもー!ブライアン人形のあのシーンの再現があって『うわぁあああ✨』となっていました(ぜひ直接見てください…!)。 声優さんたちからお祝いメッセージも… twitter.com/i/web/status/9…

昨日ですが、宇宙兄弟10周年記念の展示を見てきました。まさにこの10年、私が一番好きな漫画です。ファン垂涎の生絵、生ネームや展示物、満喫しました。ついでに初めてラクーアのお風呂にも入りましたよ。でると外はハロウィーンらしい空模様で… twitter.com/i/web/status/9…

◆『新海誠展』

開催期間:2017年11月11日~12月18日
開催場所:国立新美術館(港区六本木7丁目22-2)

アニメーション映画監督・新海誠のデビュー15周年を記念した展覧会『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』が11月11日より東京・国立新美術館で開催される。

新海誠の原点ともいえる2002年の商業デビュー作品「ほしのこえ」から『君の名は。』までの軌跡をたどる。制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物など、貴重な品々約1000点を展示。

同展の音声ガイドを、自他ともに認める“新海誠ファン”であり、「君の名は。」で主人公・立花瀧に声を当てた神木隆之介が担当することが決定。

新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで、国立新美術館で現役アニメ映画監督初の展覧会 - fashion-press.net/news/29872 pic.twitter.com/BJY1EOND7A

神木くんに耳元で解説してもらう新海誠展めちゃ行きたい

◆『タブロウ・ゲート原画展』

1 2





記憶の中で生きてゆける