1. まとめトップ

「アレッ?鼻が曲がってない?」と言われてしまった人が、知るべき事と治し方。

私も鼻が曲がっていて、思春期の頃はとても悩みました。苦しかったです。友達と写真を撮るのも辛かった。今は結婚もして、考えることも無くなりました。

更新日: 2018年12月10日

5 お気に入り 106689 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yokotarapconさん

9割の人が、実は鼻が曲がっています。

あなたは自分の鼻をじっくりと見たことがあるでしょうか。
いつもより意識してじっくりと見てみると、
もしかしたらその鼻、少しだけ曲がっていませんか?

実は、
約8~9割の人に、
鼻が曲がっているという症状が見られるのですが、
ほとんどの人は気付いていない場合が多いようです。

鼻曲がりには4つの原因があります。

【理由①】触りすぎ

人は小さい時から様々な癖を持つ。
鼻を触ったりつまんだりするような癖が多い人は、
少しずつだが鼻がその通りに曲がっていく。

1ヶ月や2ヶ月程度で曲がるほど、
強く刺激を与える癖のある人はほとんどいないが、
生まれてから大きくなるまで、
ちょっとずつの刺激でも、
長い時間を掛けて徐々に鼻は曲がっていく。

【理由②】骨折

鼻が折れたら、
すぐに整復して、レントゲンみて、真っ直ぐに戻して貰わないと、
確実に曲がります。

【理由③】顔の筋肉が凝っている

鼻自体が曲がっているのではなく、
顔の『凝り』によって、
鼻が引っ張られて曲がって見えるだけの場合もある。

表情筋が凝って緊張していると、
左右の表情がアンバランスになり、
片方に偏った力が掛かることがある。

この場合は鼻の軟骨が曲がっている状態ではないため、
顔の凝りをほぐすマッサージを行うと、
すぐに解消されるケースもある。

【理由④】鼻腔中璧湾曲症

『鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)』の可能性も。

外見上はただ曲がっているという状態だが、
内部の曲がりがひどい場合は見た目だけではなく、
他にさまざまな症状を併発していることも考えられる。

具体例としては、
•頭痛
•鼻づまり
•嗅覚の異常
•炎症(副鼻腔炎など)
•鼻血が出やすい

といった症状が出やすくなり、
普段の生活にも支障をきたす恐れがある。

鼻の通りが悪くなったり常時詰まった状態が続くと、
内部の粘膜に異常が出る。
鼻水などによって行き場を無くした菌が、
鼻の中に留まることになるため、
粘膜が炎症を起こして鼻血が出たり副鼻腔炎になる場合がある。

また、
鼻の神経が炎症によって刺激を受けて、
頭痛につながるということもあるので、
鼻中隔湾曲症は思っているよりもやっかいな症状の場合が多い。

もしこれらの症状が長く続き、
自分の鼻が曲がっていたり内部の形に異常を感じた場合は、
もしかしたら鼻中隔湾曲症なのかもしれません。

整形手術での治し方

【手術方法①】
鼻中隔矯正術(びちゅうかくきょうせいじゅつ)

「鼻中隔矯正術」は鼻中隔湾曲症で湾曲した部分の骨を切除する手術方法です。つまりは、曲がってしまった軟骨・骨部分を取り除く手術となります。

・ガーゼや注射等で局所麻酔を行います
・鼻中隔を切開します
・鼻柱粘膜と軟骨を剥離します
・鼻中隔軟骨を切開します
・反対側の鼻中隔粘膜と軟骨を剥離します
・鼻中隔軟骨の曲がっている部分を切除します
・(必要に応じて鼻中隔骨も切除します)
・鼻中隔軟骨を戻し、止血後に鼻中隔粘膜を縫合します

【手術方法②】

粘膜下下鼻甲介骨切除術
(ねんまくかかびこうかいこつせつじょじゅつ)

「粘膜下下鼻甲介骨切除術」はその名の通り、下鼻甲介骨を切除する手術方法です。下鼻甲介骨とは、鼻の内側の下方で鼻腔外側壁に対になっている骨の名称です。つまりは、骨が出っ張ってしまって、鼻の中で狭くなることで鼻づまりが発生しているので、その骨を減らすための手術となります。

・下甲介粘膜前端部を切開して骨を取り出します
・粘膜部分と下鼻甲介骨を剥離します
・下鼻甲介骨の一部切除します
・(必要に応じて下鼻甲介骨粘膜切除術を行います)
・止血後に縫合します
・ガーゼで保護します

【手術費用】

手術費用は入院を伴わない場合で、約20,000~25,000円程です。

自宅で出来る治し方

その前に、まず鼻の構造を知りましょう。

鼻は骨と軟骨の2つから出来ている。

眉間から鼻すじを下に擦っていって、
鼻の根元の固いところが鼻骨と呼ばれる骨で、
そこから更に下がっていくと柔らかい部分がある。

そこが軟骨。

この軟骨は以下の3つから出来ている。
(1)外側鼻軟骨
(2)鼻翼軟骨
(3)鼻中隔軟骨

鼻骨と呼ばれる骨は非常に薄い骨なので、
自分で矯正する時は注意。
力まかせに押しすぎると折れる。

鼻の曲がりの矯正のやり方

<1>
(鼻周りの筋肉のマッサージ)
頬の部分から鼻の高いところに向けて、
人差し指と中指の腹をつかって、
持ち上げるように滑らせる。

<2>
マッサージが終わったら、
鼻のてっぺんをつまんでかるく引っ張り、
小さく右周りに1回、左周りに1回に回す。
この時に鼻からコリコリ音をさせてはダメ。

<3>
これで鼻軟骨の可動性を出せたので、
次に両手の指の腹を使って、
鼻をかむ要領で両方からかるく圧迫して1分間保持。

本当に軽い圧で良いので力加減は必須、とのことです。

上記の説明動画は、別のアプローチの矯正方法になります。
出典元:顔顎矯正・鍼灸接骨院 リビジョン 様

自宅で出来る治し方(小顔矯正バージョン)

鼻が曲がる原因が「顎(あご)」の歪みにある場合がある。
最初は顎の矯正から行う。

<1>
親指でエラを後ろから軽く押す。

<2>
押した力に負けないように顎で押し返す。

<3>
押された力を均衡を保ちながら深呼吸を3回行う。

<4>
同じ事を左右で行う。

1 2