1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ソニー「aibo」がついに復活‥進化したフォルム新機能に反響

ソニーが自律型エンタテインメントロボット「aibo」を発表…旧モデルの違いや新機能に様々な反響

更新日: 2017年11月01日

21 お気に入り 62238 view
お気に入り追加

ソニーがAIBO後継を発表

かつて一世を風靡した「AIBO(アイボ)」の後継となる商品で、06年に撤退したロボット事業に約12年ぶりに再参入

2018年1月11日に発売する。これに先駆けて予約受付をソニーストアオンラインで11月1日23時1分から開始する。

先代AIBOとの大きなちがいは!?

「志を持ち、自分で考えて行動し、学習する」というかつてないロボットだった。当時はユニークな個性が人気となり、多くのオーナーに迎えられた」

2006年3月で惜しまれながらも生産・販売が終了した『aibo(旧名:AIBO)』。誕生から遡る(さかのぼる)と、今年で約18年もの歳月が

ネット関連機能、多様なセンサーを搭載し、「飼い主」との生活を通じて学習させることができる。

ソニーが発表した情報によると

平井一夫社長は「人との心のつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となる存在」と紹介した。

親近感のあるルックス、視線を惹きつける瞳など愛らしい姿、躍動感のある多彩な動きと小気味よい反応が特徴となっているという。

オーナーとのやりとりのデータを解析、クラウド上に蓄積していくことで、「ふるまい」が徐々に変化していくという。

新型aiboは人から呼び掛けられるだけではなく、本物の犬のように、自らオーナーに近づいて甘えるなどし、オーナーの優しい言葉や笑顔などを認識して学んでいく。

やさしいオーナーには愛情を返すという。愛情を感じれば感じるほど、深い愛情を返すようになるなど、“絆を深めていく” ことができるそうだ。

人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーとなることを目指している。

技術的な情報も公開されています。

動きのためには超小型1軸・2軸アクチュエーターを独自開発し、合計22軸の自由度を持たせている。瞳には有機EL(OLED)を採用

LTEによる通信機能を備え、専用のSIMカードが付属する。Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)もサポートする。CPUは64ビットのクアッドコアとなっている。

大きさは約180×293×305mm、重さは約2.2kg。連続稼働時間は約2時間で、充電時間は約3時間。

購入と維持費はそれなりに

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。