黒い家、鑑賞。こわい邦画で検索すると必ず出てくるので身構えてたんだけど、ただこわいだけじゃなくて構成、演出、音楽全てが感覚を惹きつける。1999年の作品なんだけど、すごく新鮮。個人的にこの時代にサイコパスという言葉を既に使っていたことにも感銘を受けた。そして大竹しのぶがすごい。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る