出典 movies.yahoo.co.jp

昭和38年、当時の日本の人々はたった一人の男に恐怖していた。榎津巌。
キリスト教カトリック信者で「俺は千一屋だ。千に一つしか本当のことは言わない」と豪語する詐欺師にして、女性や老人を含む5人の人間を殺した連続殺人犯。
延べ12万人に及ぶ警察の捜査網をかいくぐり、78日間もの間逃亡したが、昭和39年に熊本で逮捕され、43歳で処刑された。映画ではこの稀代の犯罪者の犯行の軌跡と人間像に迫る。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る