1. まとめトップ

【米民必見】米津玄師ファンにおすすめしたいものまとめ

米津玄師 ハチ よねづけんし ヨネヅケンシ J-POP ロック オルタナティブ・ロック R&B BOOTLEG LOSER/ナンバーナイン orion ピースサイン 打上花火 砂の惑星 松本大洋 BUMP OF CHICKEN ASIAN KUNG-FU GENERATION The Cure

更新日: 2018年02月12日

0 お気に入り 13136 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

keito1210さん

先日ニューアルバムをリリースした米津玄師

2009年から「ハチ」名義でボーカロイド曲を発表。

2013年にシングル「サンタマリア」でメジャーソロデビュー

2015年に3rdアルバム「Bremen」が日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。

そんな米津玄師が大好きでやまない人々通称「米民」におすすめしたいもの

ASIAN KUNG-FU GENERATION

長らく日本のロックバンドを牽引し、現在も進歩を止めずに活動するパワーポップバンド。「リライト」「或る街の群青」「アフターダーク」などのアニメ作品への楽曲提供を多数行っている。米津も「orion」「ピースサイン」「打上花火」などで同じ道を辿っている。

影響を受けたアーティストとしてRADWIMPS、BUMP OF CHICKEN、ASIAN KUNG-FU GENERATIONを挙げていて、毎回新曲を聴ける時のワクワクが半端ではなかったと公言している。

BUMP OF CHICKEN

2000年、シングル「ダイヤモンド」でメジャーデビュー。
2001年、2ndシングル「天体観測」が大ヒットを飛ばし、バンドの知名度が爆発的に上がる。
2016年、8thアルバム「Butterflies」が約20万枚を売上げるヒットを記録

バンプは僕や僕より年上30歳前後の諸兄にとっての青春だった。そして今ぴちぴちの中高生にとっての青春でもある。

キャリアが長くなるほどに新しいことを始めるオルタナティブ・ロックバンド。

米津のツイキャスでも「車輪の唄」や「ダイヤモンド」が演奏された。

新世紀エヴァンゲリオン

1970年代の『宇宙戦艦ヤマト』、1980年代の『機動戦士ガンダム』と並び、後のアニメへ影響を与えた第三世代のアニメ作品でもあり、爆発的なアニメブームのきっかけとなった。

新世紀エヴァンゲリオン→綾波レイ→アルエ→BUMP OF CHICKEN→米津玄師

というつながりも

松本大洋

1987年、『STRAIGHT』で漫画家としてデビュー。

現在までに『青い春』『ピンポン』『鉄コン筋クリート』が映像化。

スポーツや闘いを題材に、男の持つ美学や世界観を独特のタッチで表現している。

この星の一等賞になりたいの俺は

代表作『ピンポン』のセリフ

最近ではルーブル特別美術展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」に参加し、そこからインスパイアした新作「ルーブルの猫」の連載など、デビューから変わらず我が道を行く漫画家。言わずもがな、前述のルーブルのテーマソングは米津玄師の5thシングル収録曲「ナンバーナイン」。

兼好法師

1 2