クフ王の大ピラミッドは230メートル四方で、高さ139メートル。紀元前2500年ごろに建てられたとみられ、中世から内部が調べられてきたが、現在でも詳細はわかっていない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【新発見】クフ王のピラミッド内部に謎の巨大空間!

エジプト・カイロ近郊のギザにある3大ピラミッドの1つ、クフ王のピラミッドの内部に未知の空間がある可能性が極めて高いことがわかった。まだ見つかっていないクフ王のミイラや副葬品が納められている可能性もあるということです。ピラミッド内部の構造の謎解明につながると期待している。

このまとめを見る