1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あの混雑解消!?…絶賛されまくりの『小田急新ダイヤ』発表

小田急の新ダイヤ発表や快速急行改正に早くも反響が寄せられています。朝のあのラッシュが解消されるのなら大歓迎です。

更新日: 2017年11月03日

11 お気に入り 41925 view
お気に入り追加

・小田急の新ダイヤが発表された

「複々線」が非常に大きな影響を与え、特に「混んでて遅い」とされる小田急の朝の通勤時間帯、大きく変わりそう

「これまで小田急は混んでいて遅いという意見をいただいていたが、やっとそのイメージの一新を果たすことができる」。

11月1日、都内で開かれた小田急電鉄の新ダイヤ発表会見。同社の星野晃司社長は、自信に満ちた口調でそう語った。

・この新ダイヤが早くも歓迎されている

小田急の時刻表素晴らしい! 千代田直通多目は素直に嬉しい! ただ多摩急行廃止は予想外… 千代田線新時代!

小田急のダイア改変めちゃめちゃに嬉しいけど3月からかーーもっと早くやってくれ〜〜

帰国後小田急ユーザーになるつもりなので、小田急線のダイヤ全面改正は嬉しい

小田急複々線化完了で京王の客が減るのなんのという意見も聞くけど、朝の混雑が軽減されるのなら利用者的にはむしろいいことなのではないかと思うの

・具体的にどう変わった?

道路にたとえると、これまで片側1車線だった区間が片側2車線になって“車線”が増えるため、運行できる列車本数も増加。

朝ラッシュ時の列車本数を大幅に増やして輸送力を4割アップするとともに、都心への所要時間を短縮。

・混雑率東京主要区間ワースト3脱却へ

同路線の世田谷代田駅~下北沢駅間は混雑率が192%と首都圏の主要区間内ではワースト3(2016年度)だったのが、150%程度(20位圏内)まで改善される見込みとしている。

・快速急行にも、ある変更点が

ラッシュピーク時の所要時間が、町田駅から新宿駅までは最大12分短縮の37分、小田急多摩センター駅から新宿駅までは最大14分短縮の40分、経堂駅から大手町駅までは最大6分短縮の27分に

多摩線内の途中停車駅は小田急多摩センター、小田急永山、栗平。これにあわせ、従来の多摩急行は廃止。

・快速急行の改正にも反響が…。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew