1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

クフ王ピラミッドに巨大空間発見‥謎の解明にロマンが尽きない

エジプトのクフ王のピラミッドに未知の巨大空間が存在すると報道され話題…経緯や今後が気になります

更新日: 2017年11月03日

43 お気に入り 80691 view
お気に入り追加

ピラミッドに謎の巨大空間があると報道

エジプトで最大とされるピラミッドの内部に、これまで知られていない巨大な空間があることが、日本などの研究チームによる最新の調査で確認されました。

名古屋大などが参加する国際研究チームが発見し、2日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

そもそも「クフ王のピラミッド」とは

高さがおよそ140メートルと、エジプトで最大とされ、およそ4500年前、当時エジプトを支配していたクフ王の墓として建設されたと考えられています。

紀元前2世紀にビザンチウムのフィロンによって選ばれた世界の七不思議のうちのひとつであり、またそのなかで唯一現存する建造物である。

この研究報告は、クフ王のピラミッドの構造を調査

おととしからエジプトで最大とされるクフ王のピラミッドの構造を最新の技術で解き明かす大がかりな調査を進めています。

この粒子は岩などの物質中を通り抜ける性質があり、通過した粒子数の変化などからレントゲン撮影のように内部の様子をとらえた。

物質を形づくる12種類の素粒子の一種。重さは電子の約200倍で、負か正の電荷を持つ。

岩盤1kmでも透過するような高い透過力を持つ素粒子のこと。構造物を通過してきたミュー粒子の飛来方向分布を計測することにより、X線写真のような飛来経路中に存在する質量を推定することが可能となる。

この結果、ピラミッドのほぼ中央に謎の空間が出現

チームによると、新たに確認された空間は全長30メートル以上。中心部付近にある「王の間」に続く「大回廊」と呼ばれる空間の上方、地上60~70メートルの位置にある。

全長46.7メートル、高さ8.6メートルの巨大な「大回廊」の上部に、これまで知られていない新たな空間があるのを発見した。

チームの森島邦博・名大特任助教は「大回廊に匹敵する規模の可能性がある」と話す。

クフ王のピラミッドは、これまでに3つの部屋が確認

ピラミッドの内部には傾斜した「大回廊」を通って中央にある「王の間」や「女王の間」「地下の間」という3つの空間が確認されている

「王の間」と呼ばれる部屋からひつぎが見つかっていますが、ミイラや副葬品はどこからも見つかっていません。

Twitterでは、このニュースに様々な反響

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。